他人の思考が自分の中に入ってくるのが怖い

2016/7/8
自分一人なら「恥」はなくなる
亀山 そんな根無し草の佐藤さんは、世界を旅しているとき、「このままここに住みついて、日本に帰らなくてもいいや」と思うことはない?
佐藤 いや、ないですね。日本にいたいという意味ではなく、動いていないと不安なんです。
一定のコミュニティに一定の時間以上いるとストレスを感じるんです。全員、お互いの顔を知っていて、自分のことをみんなが知っている状態が嫌というか。
そうなるとワーッと叫んで逃げ出したくなってしまう。一番怖いのは、まわりの思考が自分の思考に染みこんでくることです。
発想の自由度が下がって、フラットに考えられなくなるのが怖い。そうすると、そのコミュニティにおける当たり前が、自分にとっての当たり前になってしまう。
亀山 言い換えれば、自分の進化を止めたくないということかな。
佐藤 それもあります。いつの間にか、自分が止まっていると気づかなくなるのが怖い。止まっていると認識できればいいけれど、それさえ認識できなくなるのが怖い。
「やばいな、なんかくっついてきたぞ」というのがわかっているうちに飛ばないと、もう飛べなくなってしまうと考えていますね。