新着Pick
127Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そもそもこれまでに日本人だから人質から解放された事例ってあるんですかね?
日本人「だから」狙われたと考えるのは早計だろう。
たまたま犯人の目に付いただけかもしれないし、他のコメントにあるように東洋系は目立つ。

またアジアや中東の民族衣装を着用するのは却って目立つ場合も多く、オススメはしない。
細目でパーツの作りが浅い顔というのは、どうしても顔だけ浮いて見える。

(追記)
ISというのは元々は湾岸諸国の体制側など(彼らの考える)堕落したムスリムをターゲットにしてきた。ここへ来て勢力縮小への対抗策か、欧米人などの非ムスリムを狙うテロが増えている。しかし根本にある「逸脱し堕落したイスラーム世界とムスリム共を正す」という姿勢に変わりはないはずで、その意味ではムスリムである(と証明する)ことが必ずしも身の安全を保証することにはならないだろう。

(余談)
未だにシャハーダなりクルアーンなりを覚えたら助かるかもというコメントが散見されますが、嘘を付けば、十中八九バレますよ。というか本来自分のものではない事柄(信仰や文化、思想)は、銃を突きつけられるような異常事態に際しては、まず声に出せないと思います。
また仮にうまくいっても、今度をは礼拝をしてみろといった次なるハードルが待ち受けていたり、お前も同胞ならこの不信者たちを撃ち殺せと他の人質を殺すように命じられるリスクもあります。

ツイッターなどでも出回っているようですが、嘘だとバレたら、もっとひどい仕打ちを受ける可能性があり、個人的にはオススメしません。
【国際】かつてよりも日本人が海外に行く機会が増えたのだから、それだけテロや事件、事故に巻き込まれる可能性が高まっていると認識した方がよい。例えは悪いが、宝くじの「パワー・スポット」のようなもので、人がたくさん集まれば「当たる」可能性は高くなる。

テロや事件、事故に巻き込まれないためには危険予知能力や、万が一遭遇した時の対処能力を高めるしかないと思う。なお、シャハーダ(信仰告白)やコーランの章句を覚えておいたり、現地文化に溶け込んでおくことは絶対的に自分の命を守ることにはならないが、命を救う可能性も秘めているということは理解しておいてもよいと思う。

私自身はシャハーダを暗唱できるが、これを積極的に非イスラム教徒に教えることは基本的にしない。なぜならば、非イスラム教徒の自分が「非常時に助かりたい」というきわめて利己的かつ不純な動機でシャハーダを唱えたり、教えることは敬虔なイスラム教徒にとっては「神を冒涜する」ことに映る可能性もあるからである。イスラム教を「知る」ということと、「信仰する」ことの間には絶対的な「断絶」があることは十分理解しておいた方がよいだろう。
こんな場合にまで日本人かどうかを話題にするのは、ローカルメディアの証ですね。北國新聞が石川県出身か否かを問題にするようなものです。
とにかく、安倍首相のイスラエルでの演説が全ての元凶というイメージに繋げたいのだろうが、例えば誘拐ビジネスにおいて裏で身代金を払ってくれるという意味で狙われやすかったりする。彼らは恨みで動いているわけではないので。
というか、最近の海外駐在員は、日本人だから大丈夫というのは通用しないという事は常識になっていたはずだが。どうすることもできなくて、つい口に出てしまったのかもしれない。

追記
コーランの最初の数行を暗唱しよう。
とても残念。無念だったろう。でも、なぜ?

以下のようなイスラム世界のルールは守られていたのか。
・「イスラム教徒はアルコール類を飲んではならず、豚肉を食べてはならないとされています。(中略)また肉に関していうと、血を完全に抜くという規範と関連し、完全に火が通ったものしか食べない人が少なくありません。(P148)」
・「イスラム教徒は男女が混じり合うのを避ける傾向にあります。(P157)」

昔、イラクの口腔外科医の友人にテロの話をしたら怒られたことがある。テロというのは非イスラムの視点で、彼らは欧米の価値観と戦う戦士だ、と考える視点もあることを知った。

確立された価値観をもつ世界に土足で上がり込むのは危険だと強く感じた。自分たちの世界を取り戻す方法が他にないのだ。

最後になりますが、亡くなられた方のご冥福を心からお祈りいたします。そして、残されたご家族にお悔やみを申し上げます。

【参考】
要点解説 90分でわかる! ビジネスマンのための「世界の宗教」超入門
https://www.amazon.co.jp/dp/4492223320/ref=cm_cr_ryp_prd_ttl_sol_0
何かコメントしようかと思いましたが、福嶋さんのコメントを読み、同意。
日本人は特別ではないということを肝に銘じたい。
状況がわかってくると日本人が狙われていたのではないかというふうに思えてくる。非常に残念。憤りを感じる。