亀山さんには帰る場所がある。僕は根なし草

2016/7/7
初対面で「似ている」と思った
亀山 俺たちが知り合ったのは、俺が佐藤さんのブログを読んで、「会いたい」と連絡したのがきっかけだったね。佐藤さんのブログにはいいことが書いてあったのよ。
佐藤 「論理を超えた論理」という話でしたね。人間の脳味噌は現実を理解できるほどよくできていないから、自分が計算できないことも含めて行動しなければならない、と。
そして、「年をとるとチャレンジしなくなるから、ますます老いていく」という一文も入れました。亀山さんはそこが印象に残ったんですよね。
亀山 そうだね。妙に俺の心に刺さったんだよ。
佐藤 連絡が来たときは、最初は怖い人かなと思ってました(笑)。すき焼きをおごってもらって、いろんな話を聞いたら面白い人だなと感じましたよ。
亀山 そうだ。メシを食わせて企業秘密を聞き出そうと思ったんだけど、聞いてもいまいちわかんなかったよ(笑)。佐藤さんって、話が難しいって言われない?
佐藤 いやいや、人によると思いますよ。僕の話を聞いて、すごく面白いと言う人もいれば、「何言ってるかわからないから、日本語でしゃべってください」と言う人もいる。
でも亀山さんと話をしたら、「この人、俺に似てるな」と思いました。亀山さんはそんなこと思わなかったでしょうけど。
亀山 うん、よくわかんないヤツだと思った(笑)。