新着Pick

日本株続落、円高加速と英金融リスク-輸出や金融主導、一時500円安

Bloomberg
(Bloomberg) -- 6日の東京株式相場は続落。為替の円高加速や英国金融市場の混乱が嫌気され、自動車など輸出株、銀行や証券、その他金融など金融株、不動産株中心に下げた。ニッケルなど商品市況の急落を受け、非鉄金属株も安い。
22Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
きょうの下げ要因は、これですな。イギリスの不動産ファンドの解約停止。
https://next.ft.com/content/d221c9c0-4e9c-314c-ab9e-33e723c268f6
日経平均の下落が進んでいます。ドル円為替も100円台に突入しています。現在(11:38)は100.76円。
100円台のドル相場はほんの少し行き過ぎかもしれないけれど、為替も株も、金融危機やら「異次元の」対策やらの騒ぎを経てリーマンショック以前の水準に戻った程度。バフェット指標を信じるなら時価総額はちょうど日本のGDPと同じレベルです。
日本経済の根っこがリーマンショック前と同じなら、いろんな要因で上がったり下がったりしながら為替も株も元の水準に収束して行くのは自然な流れじゃないのかな・・・・ 悲観的に過ぎるかもしれないけれど、個別の要因に過度に反応せず、企業と産業の根っこをどう強くするか、ということに目を向け続ける以外、日本株を根本的に高くする道は無いんじゃないかという気がします。そうんな暢気なことを言っていられるのは、株を持つ資力がないからか・・・為替と株に縁が無い私の悔し紛れのコメントかも ^^;