新着Pick
140Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
びっくり。ガラケー時代に一世を風靡したサイバード、堀ロバート社長が解任。サイバードがMBOするためにロングリーチが投資したのは2007年。もう10年近く前になる。直近は2年連続の赤字。ロングリーチとしては、もう待てなかったのでしょうね。
人気 Picker
昔はMBOを現代の暖簾分けのように表現したメディアもありましたが、実際は投資ファンドによる買収です。
したがってファンドの期待するリターンを生み出せなければ、こうしたことも当然起こるわけで、残念ながら予期された結果とも言えます。

もっと言えば、MBOは実行後のPMIによってバリューアップを図り、M&AなりIPOなりのexitにつなげるのが本来的な目的であって、個人的には堀さんのような業界のカリスマ創業者がそのまま続投する方法には最初からあまり適していないスキームだったのではないかと思います。(創業者によるリパーチェスという方法もなくはありませんが)

また時間的に見ても、MBOファンドの組成期間は通常7年から10年ですから10年近い投資期間を考えるとそろそろexitの時期だと考えられ、もうファンド側にもこれ以上待つ時間的余裕もなかったのかもしれませんね。

堀さんも次期社長の内海さんも業界では大変知られた方ですから、是非次のステージで成功されることをお祈りしたいと思います。
ロングリーチさんは実質的に外資系PEです。外資かどうかと関係なく、PEが株主権を行使して経営陣を一掃することは、ままあることですが、企業の再生はやはり創業理念であると考えている我々の場合は、なるべく現有の役職員の方々に頑張って貰いたいと考えており、それで成功してきました。
ロバート堀さん、お疲れ様でした。
別にオーナーであれそうでなくても、会社は業績あげないといけないし、失敗したら去らなきゃいけない。

でも、また別の場所で立ち上げて、再起すれば良いし、それだけの話。スティーブ・ジョブスも自分が作った会社に追い出されたし、わたしも一度完全に経営権を失ったからね。

スティーブ・ジョブスが有名な点と線の講演で、あの時、アップルを去ったのは人生最高のチャンスだったと言ったけれども、頭をレンガで打たれるような経験は振り返ってみれば良い経験になると思う。
次期社長の内海さんは80年代にソニー入社後に大学と大学院を卒業したってことかしら。それまた不思議なキャリアで気になる。
驚きました。i-mode時代の両雄であったインデックス、サイバード。堀氏は「time」誌に「世界に最も影響を与える15人」にまで選ばれ表紙を飾ったという華々しい過去もあり、また「ネット企業!あのバカにやらせてみよう」では学生時代からのパーティー人脈形成や、モバイルネット創成期の熱量やノリがうかがいしれる、ある意味象徴的な存在
ベンチャーかつコンテンツものというPEとはあまり合わなそうな組み合わせだと思ってましたが、10年よく我慢してたなというのが印象ではあります
「あのバカ」で堀さん以上に破天荒に登場してるのが以前サイバード副社長だった真田さん。klabを作りスマホ時代にまた盛り返したというのは本当にすごいですね
記事から堀社長の人望とお人柄が感じられます。

「大型アプリの開発が遅れて前期は赤字だったが、配信が始まる今期は黒字になるはず。いま解任するのは納得できない」
➡こういう現場の声も実際その通りなのかもしれませんね。
ファンドと組んだMBOという選択肢をとったことを今どう思われているのだろう・・・・。
他社の件にはコメントしにくいが、2期連続赤字の創業社長に退いて頂いた事は、大株主のガバナンス機能を果たしたとも言える。ビジネスはプロセスでなく結果で評価される。最終的な評価はこの人事でターンアラウンドするか否かで決まるだろう。
今、ファンド保有だったのですね…。そのことも知りませんでした…。

サイバードホールディングス
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9