新着Pick
232Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
意外と問題の本質はユーザビリティであることが、ままある。
人気 Picker
若者の投票率が上がった一因として、韓国は全国どこの投票所でも自分の選挙区の投票ができるようになったことが大きいはずです。
日本は未だに「共通投票所」制度のもと、特定の自治体の中という縛りを越えられませんが、韓国は有権者データを全国で共有したので、自分の身分証明さえ出せばその場で投票用紙がプリントアウトされるという仕組みに。

ちなみに、投票システムが改善されても、もともと投票率の悪くない上の世代の投票率はあまり変わりませんが、若い世代は一気に投票に行くようになります。
それが示すのは、若者は政治に無関心なのではなく、単にめんどくさいだけなんです。他にもっと自由度の高い、興味あることが多いだけで。
「それに比べ」と、単純に日本の若者をバカにして欲しくない。
やはり韓国は「投票スポット」の多様化と、日本を遥かに上回る「若者格差社会」に原因がありそうです。

日本も次回の選挙から、駅構内やショッピングセンター等での投票が一部可能になりましたが、それでも浸透はまだまだ。
もう少し選挙が「身近で楽しい」ものになり、何より「対抗勢力が魅力的」になれば、随分違うと思います。
下記は2010年の韓国の人口ピラミッドのデータだが、10代のボリューム(現在の20代)が大きいので、この層が動くインパクトが大きいんだろうな。
なので、日本と単純比較はできないものの、若者がどういう形で政治に積極的に参加するようになったのかは興味深い。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/8900.html
投票場所の拡大が投票率を上げた、というシンプルな理由にとても納得。
日本も普通の事がまだ出来ていないということ。反省ですね。

逆転は大きなニュース。日本への政治対応が今後、どう変化するのか。
経済の低迷・格差の拡大・シルバー民主主義と、日本も同様の社会問題をかかえているので、興味深い結果です。
興味深い結果。どうして若者の投票率が急に上がったのか知りたいですね。日本も学ぶべき事が多そう。
韓国には、全国的に大学を休みにするなど、若者が選挙に向かうようなインセンティブが仕組みとして存在します(他詳細は、徐くんのコメント参照)。日本は、その辺りのレスポンスが遅いのでは、と。
なぜ若者の投票率が上がったのか説明が欲しいところです。
徐さん、解説ありがとうございます。
坂本さんの指摘のように人口構成の問題と、韓国社会の、とくに若年世代の高い失業率などを背景にした、若年世代における不満の蓄積が大きく影響している。不満は政治参加や異議申し立ての大きな原動力になるとされる。また韓国は日本以上にネット社会でもある。
日本の場合、住民票を移していない学生が投票しないという問題がある。見習うべき。
選挙って行きますが、面倒くさいよね。
その解消なんだろう。
ウェブで投票をちゃんとできるようになりますように