新着Pick
107Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
下記でコメントしたように、Brexitの経済インパクトは「分からない」と思う。短期的には、マイナスが多いかもしれない。ただ為替安になっている輸出競争力やインバウンド需要のメリットもある。長期は、EUへのパスポートがなくなる一方で、規制から解放される側面もある。
そのなかで、一般論として人間は、目に見える分かりやすいリスクを重視する。だから経済を重視する人は、短期的にはほぼ確実とみられる経済インパクトゆえにBrexitに反対したし、職だけでなく社会福祉での混雑や様々な国内でのEU優先が目の前にあれば、それゆえにBrexitに賛成する人もいて、後者が上回った。
イギリスだけの話ではないが、結局は決定を受けて人々がどう動くかで未来は変わる。政策だけで自分たちの未来が決まるほど、個々人の頑張りの集合は無力ではない。一方で政策の影響も大きい。だから投票など政治にちゃんと参加すること、そしてその決まったなかで全力を一人一人が出していくか、きれいごとではあるがそれが未来を決めていくと思い、学術的に予想できる部分なんて極めて小さいと思う。
『離脱したことで得られるプラス面はすぐには出てこないが、徐々に状況はよくなると私は確信している。』
https://newspicks.com/news/1644667?ref=user_100438
「体制派の経済予測など当たった試しがない」と一刀両断するブートル氏。一匹狼としてのし上がり、シティのトップエコノミストの地位を手に入れた反骨心が見て取れます。
保守党と労働党双方のブレーンでもあったブートル氏の示唆に富んだ『欧州解体』は、brexit全体を理解するのに最適な一冊だと思います。他のEU加盟国にとって英国は米国を上回る最大の輸出先になっており、そのため英国がEUから離脱しても無数の欧州系企業が英国との自由貿易を維持しようと働きかけるはず。実際のところ民間企業の踏み込み次第では英国が本交渉で有利になるとも考えられる。
英のEU離脱は、英国民がそう判断したんだから、英にとって正しい。それがEUにとってどうかはEUが考えることであり、EUからすれば、黙ってろ。この件、欧州のかたがたは、どこに立ってモノ言ってるのか、それが問われていますね。
ブレグジットの肯定側の意見は稀ですが、ブートル氏の意見は興味深い。著書「欧州解体」は読み応えがあります。
英国の財務省をはじめとしてEU離脱に伴ってどの程度経済に影響が出るか期間別や貿易協定のモデル別等で予測を出していますが、前提に前提を重ねた上、多分に政治的意図を感じざるをえないところもあって信用に足るものではないと思います。そもそも欧州情勢そのものが複雑化していることはたしかで、先行きの不透明感は増すばかりですから、わからないとしか言いようがないというのが正直なところでしょう。ただ、一ついえるのはEUにとっては再編か崩壊かいずれにせよ現状維持は許されないということくらいのように思います。
【国際】待ちに待っていたEU離脱派による論考。ロジャー・ブートル氏は今回の論稿を読む限り、右派の欧州会議論者で経済的リアリストと位置付けられるのではないかと思う。すなわち、政治における国家主権の独立を重視しつつ、経済合理性もあるという立場である。できることならば、エコノミストとしてどのような経済合理性があるのかという点をもっと詳細に説明してほしかったところである。また、英国がEU離脱へと向かうのであれば彼のように理性的かつ現実的に物事を考えられる人間の台頭を願う。

News Picks編集部への要望としては、ぜひ左派の欧州会議論者の論考も掲載してほしい。EU残留か離脱かという二元論ではなく、左右という軸でも今回の問題をきちんと整理してほしい。
移民が嫌だ、みたいな感情論ではない視点から、離脱を正当化する議論は少ないと思います。Google検索であまりひっかかってこなかった気がするのが勿体ない。
ギリシャのせい?
この連載について
英国のEU離脱(ブレグジット)は世界史的な出来事だ。経済のみならず、政治、外交、社会など、あらゆる意味で歴史のターニングポイントとなる可能性がある。ブレグジットはなぜ起きたのか、これから英国と欧州と世界はどうなるのか。ブレグジットのもたらす破壊的な影響を精査する。