新着Pick
103Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
執筆した川端です。先進国との違いは、まだインフラ(物理・人的双方)への投資が必要な段階で、先進国に近づく水準で糖尿病や肥満が増えていることです(糖尿病は生まれつきの方もいるので全てが食べ過ぎが原因ではないですが)。

当然、医療費が政府でも家計のレベルでも増えます。家計レベルでは医療費がまかなえない場合は、糖尿病が進行することになり、公的な病院で治療を受ければ、政府の支出が圧迫されます。新興国には本来、もう少しインフラ整備に時間が必要ですが、先進国的な問題がすでに起き始めている。高齢化も先進国が長期間かけて高齢化したのとは違うタイムスパンで発生しています。

ビジネスという視点で見れば、肥満予防やダイエットなどは機会があるでしょう。一部では確実に健康意識が向上しています。が、たまに、インバウンド観光で日本で健康になるための機会とかいう話がありますが、観光先で摂生するのは難しいので、本格的にビジネスを展開するならばやはり現地進出でしょう。関連して美容産業も相当な潜在力があり、東南アジアの場合は男性もスパやネイルなど結構行く人がいるので、食×健康×美容はジェンダーに関係のない広がりがありそうです。
食と健康に関してはこれが全てだと思っています。揚げればたいていのものはおいしく感じるし、調理の手間も少ない。砂糖や油を使わずにおいしく作るのはコストがかかるんですよね。
「価格だけみればジャンクフードや油をたっぷり使った屋台の揚げ物のほうが安く、おなかもいっぱいになる。」

安く、おいしく、おなかを満たすことが第一だった国が、その意識のまま摂取量を増やすと大変なことになります。
ただ日本のお菓子や清涼飲料も昔は相当甘かった。多くの国がたどる過程ではありますが、急激な経済発展で意識の変化がおいつかず、健康問題になってしまうのだと思います。
糖尿病がじわじわ進行し、腎臓がダメになると透析治療が必要になる。透析治療は莫大な費用がかかり(記憶が正しければ、年間500万円ほど)、税金で賄われる。政府が恐れているのは、団塊世代がこぞって透析治療を受けるという未来だ。
だから、国家プロジェクトとして、「糖尿病進行を食い止めること」が掲げられている。

先日の勉強会で耳にしたが、
糖尿病→透析治療に関連がある項目は地域差があり、欧米では”肥満”、東・東南アジアでは”塩分摂取量”だという。
減塩と水分摂取がkeyだそうだ。

私事だが、最近、別れ話をした。
「少し距離を置きたいんだ、塩せんべい」。
「お腹のぜい肉は、富の象徴」
ってフィリピンの友人が2年前に教えてくれた。野菜を食べてガリガリなのは貧困の家庭の証だと。

そろそろ意識は変わってきたかな。
提案:平均体重より+10kgの人は自動車の使用を禁止。こうすれば良い運動になるし、ASEAN諸国の肥満率を考慮すれば全体の渋滞量も減る、はず!
アメリカの健康雑誌では体に悪い料理の1つにアジア料理がよく入っています。
理由は化学調味料と砂糖の量。

タイ料理は自分で作ると入れる砂糖の量に驚きます。
注文する一皿分のサラダ、炒飯、カレーには大匙1杯の砂糖は入っていると思います。
甘さと酸っぱさと辛さが混じって美味しいんですけどね。

しかも、デザートもまた砂糖率高いです。
コンデンスミルクとナッツの出会いは抗えませんが、時々、頭が痛くなる時もあります。

和食の煮物、すき焼きの砂糖もかなりのもので、イタリア料理では、砂糖や蜂蜜を隠し味に加えることを「愛」というので、砂糖は欠かせません。

自分で作る時はコントロールできるし、和食の場合は、昨日はすき焼きだったから、今日は焼き魚、とか生姜焼きとか、砂糖少ないのを選択できますが、東南アジアはほとんどの料理にかなりの砂糖が入ってますからね。魅惑のコンデンスミルク使用も高い。

量と食べる時間を考える必要はありますね。

東南アジアの料理もデザートも好きなので、自分への戒めで書いています。
【国際】川端さんによる超良記事。記事では東南アジアが調査・分析対象になっているが、中東、特に湾岸諸国もほとんど同じ状況であると思う。そもそも高糖質、高脂質の食料品が多いと同時に、日中の気温が高いため運動する習慣がない。サウジアラビアでは先般発表された「ビジョン2030」の中でも、「運動する人を増やす」ことが国家戦略に加えられたくらいである。こういったことが国家戦略で語られるのは全体主義以外では考えにくい。

スーパーマーケットに行けば欧米の食品産業や地元食品産業によって製造された高糖質、高脂質、高カロリーの食料品で溢れている。日本のようにゼロカロリーや糖質ゼロ、ノンカロリーを謳った高機能食料品はまずない。高糖質、高脂質、高カロリーのものを大量生産すればそれが売れるため、高機能品をわざわざ得る必要がないのだ。要するに経済合理性を重視するあまり、「不健康」なものが新興国に輸出されていると考えた方がよいだろう。
昔は蚊などが媒介する疾患や風土病が死因の上位にあったのが、生活習慣病に。これはラテンアメリカも同じ流れ。じゃがいもやパンなど炭水化物の取りすぎと非活動指数の高さ(要するに運動不足)が主因。各国も将来の医療・保健にかかるコスト抑制のための対策に乗り出している。先進国の技術・ノウハウ(簡易検査キットとか太りにくい食事の取り方など)が移転される良い機会。
豊かさとライフスタイルの変化・高齢化・都市化が要因になっていると思う。アジア系は白人に比べ、糖尿病になりやすいとのこと。いま、日本は予防として、ヘルスケア産業がかなり活発化している。この分野のサービス、今後ますますアジアで展開されていくと思う。
非侵襲血糖値センサの大市場として米中がよく挙がるが、マレー系人々も該当する。
この連載について
高い経済成長を実現し、世界中から注目が集まるASEAN(東南アジア諸国連合)。インドネシア、タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、ベトナム、カンボジア、ブルネイ、ラオスの10カ国からなる成長マーケットは今、どのような状態にあるのか。シンガポールに駐在するASEANエキスパートが旬な話題を現場から解説する。