新着Pick
172Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シンガポール編の最終回は、現地名店と読書案内です。網羅すれば、一冊の本を書けるほどありますが厳選しました。その国のことを知るには人と触れあい、同じ物を食べるのが近道です。その個人的な経験を構造的に理解するために、信頼できる著者による書籍や論文を読むことが有効です。

バクテーについて一言。クアラルンプール(KL)にあるバクテーは、中心部ではあまり良いものがありません(有名な新○バクテーなどはまあまあかもしれませんが。ジャラン・アローにあるバクテーなどは場所が良いので混んでいるだけ)。ひどいところは本当にひどい。それをもってマレーシアのバクテーは美味しくないという風評が立つことがあります。そのため、本当に良いバクテー屋に行くことをおすすめします。シンガポールとの風味の違いがかなりあります。

クランはKLをとりまくスランゴール州にあります。KLから西のポートクラン手前の市街にバクテー屋が集まっています。週末朝早くに行くのがベストです(平日の夕方は凄まじい渋滞)。人が集まる時間帯は活気があり、美味しい部位も沢山あります。ここのバクテーは、とてもシンプルでごちゃごちゃ色々入らず、本物のバクテーです。

バクテーは基本的に朝食またはブランチで食べることをオススメします。元々、マレーシアに中国から移住してきた鉱山労働者が豚肉のあまりの内臓をごった煮にして食べ、体力を付けたことが始まりです。今も内臓メニューはありますが、普通の部位を食べるようになりました。

本記事でとりあげたバクテーですが、他のスパイスなどとのブレンドが良く、黒胡椒とのバランスがとれた味付けになっています。ソンファは、スープは透明or白なのですが、胡椒を強調した味付けになっています。

シンガポールの上手なところは、こうした、マレーシア発祥の料理も自国のものとして宣伝するところ。もともと1つの国でしたので良いのですが、マレーシアももっと上手にアピールをすればと思います。マレーシアだと観光地や街中には、そこそこのお店がせいぜいで、住宅街に行かないと、本当に美味しいものが食べられないのがシンガポールとの違いでしょう。

ちなみに、シンガポールの隣のジョホール州にもそれなりに良いバクテー屋があります。

シンガポール編の復習はこちらの予告編から
https://newspicks.com/news/1639983
シンガポールには何度か行ったことがありますが、紹介されている店は行ったことがないところがほとんど。次回訪問する際にはリストに入れておきます。

東京でシンガポールを感じられるお店で、個人的にオススメの店は下記の通り。
シンガポールに行きたいけど行けない時、シンガポール料理が無性に食べたい時に行っています。笑

・シンガポールシーフード・リパブリック
http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131403/13048239/
チリクラブが美味しいです。

・ファイブスター・カフェ
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13041479/
ペーパーチキンとバクテーが美味。

・海南鶏飯食堂
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13004747/
チキンライスが有名。美味しい。
バクテーがKL発とは知らなかった。僕もバクテーは胡椒おさえめが好きなので、今度KLに行った時に元祖の味を食べてみよう。福建麺もどこで食べても安定して美味しい。

日本ではシンガポールについて異常に持ち上げる、もしくは叩くという両極端な記事が多い中、とてもバランスのとれた構成だったと思う。当たり前の観光地だけではなく、シンガポールの現在を自分の肌で感じる日本人が増えてほしい。とても良い刺激になるはず。
様々な角度からシンガポールという現代の奇跡を分析した興味深い連載でした。
支店開設のため何回も訪れたこともあって、個人的には馴染みの深い国ですが、小さな国ながら、一面だけではとても捉えきれない奥深さがあることがわかり、ますます好きになりました。
ありがとうございました。
「小宮山プロと行く、ぶらり途中下車の旅〜シンガポール編〜」期待。
バクテー、チキンライスは自分で作るくらい、大好きですね。両方とも手抜きの方法で意外と簡単に作れます。この記事を見て、特にバクテーはしばらく食べていないので、食べたくなると同時にシンガポールの現地にも再度行きたくなりました。

本を読んで知識を得るのも良いですが、日本で言われている「シンガポールって○○」のような話は本当のようで嘘のようなことも多いので、やはり現地に行って実際に人や文化にふれて感じて、それを自分の頭の中で消化する、ということを大事にしたいですね。そういう意味では川端さんの記事のスタイルがそういうものなので、今回も楽しく読ませていただきました、ありがとうございました!
歴史を知れば知るほど現地の魅力が増すのは、歴史好きにとって世界が立体的に見えてると思うので幸せなことです。
東京でも肉骨茶食べられる店が増えてきましたね。この夏はリークワンユーの回顧録読もう。
シンガポールに行く時のための保存版。