新着Pick
447Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本屋は、いったい何を提供しているのか?
本屋が本だけ売っていて事業が成り立つ時代は終焉を迎えました。

mujiにとって本は、雑貨の補完商材としての本です。

本は、全ての日常生活の入口です。
これからの本屋は、本を基軸としてお客様のその先まで提案する業態に成りたいと思います。
明屋書店が松山で昨年開店したSerenDop明屋書店は、本を真ん中に置いて、雑貨や文具も売って「お客様の豊かなライフスタイル提案」する店舗です。

本屋と他業種との親和性の良さは、他に類を見ません。
cafe、学習塾、化粧品、地元食品。
本屋は、すべてとコラボ出来ます。
本屋を事業規定しなおせば、本屋には無限の事業領域が広がっています。
本売り場があると店舗に入りやすいです。

ちょっと入りにくい店舗でも、本を売っていると「チラ見」に入りやすいので来店客は増えると思います。

もっとも、書籍全体の売り上げに貢献するかといえば??でしょう。

>本は商品の製造過程や素材のこだわりなどを伝えられるメディア

とあるように、販売促進に結びつく書籍が最近目立ちます。
特定の店舗や企業をPRするものが多いですが、家電全般を扱う書籍を量販店のあちこちに置いてみるのもいいかもしれませんね。
ヴィレッジヴァンガードが本屋と言いながらも雑貨屋のような雰囲気であるのが走りだと思いますが、純粋に本屋さんで本を買おうというよりも、雑貨やカフェと本の相性がいいと思うし、そこにやってくるお客さんの方がリアル店舗で本を買う相性がいいと思う。蔦屋書店も同じことだと思う。
紙媒体の売上げ減少が深刻化する中、いよいよ独禁法例外の再販制度や定価販売の見直しが議論になってくると思います。売れなけば返品可能な委託販売では、出版社は需要に対して過大に刷り過ぎてしまう、取次は往復の物流費負担に耐えられない、書店も品揃えの個性が出せない、売り切る努力が損なわれるなどの弊害が出ます。
定価販売も通販サイトなどポイント制が進んで形骸化して来ています。
紙媒体を客寄せパンダにするのではなく、新しい売り方を模索してほしいものです。もちろん面白い本を作ることが我々の大前提ではあります。
ときどき日本に帰ったときに、自宅に近い湘南T-SITEに行きます。雑貨と本、食があって、しかもこだわりが感じられるセレクション。こういう空間は、なかなか東南アジアにはないんですよね。

しかも、湘南T-SITEレストランが美味しい。地元の食材を使っていて、ディナーでも1000円ちょっとで美味しいものが食べられます。特に日曜日の夜は空いているのでおすすめ。地元以外の方は駅前でレンタカーやカーシェアで行くと、帰りのバスなど心配しなくて楽です。タクシーも地元の親切な会社が電話一本で来てくれます。
小島俊一さんのコメント、重みがありますね。
置いてあるだけで、売ろうという大衆商品は、印刷物ぐらいでは?
ほかの商品は、店員さんと対話して、機能や品質を確認したりしますよね。
私のような印刷物世代はいいのですが、これからの本屋さんは、関連づけや対話が必要なのかもしれません。

あと、ニューヨークの地下鉄では、老いも若きも皆、本(ebook含む)を読んでいます。インターネットにつながらないというのが、東京の地下鉄との大きな違いかと思います。日本は、過剰な携帯電話会社の競争が、公共交通機関の中で、印刷物を読む習慣を葬ったのだなあ、と思っています。

ニューヨークの地下鉄が、インターネットに接続できるようになった時、どんな変化が起きるのか、観察してみたいです。
本が商品だけじゃなく、製造過程やこだわりを伝えられるメディアと見られるのは面白い。実は、雑貨販売との相乗効果のほか、カフェとの相乗効果、美容室との相乗効果、レストランとの相乗効果、たくさんのアイディアが出てくるね〜
目的注文の場合はAmazonなどで購入。ライフスタイルの提案として、衝動注文を誘発するようになってますね。
紙の本は、大きさ、紙質、表紙のデザインなどでモノとしての魅力を伝え、タイトルや帯、そして目次などで、ワクワクする知の探検を予感させる。そんな本は、小売店にとっては最高の「雑貨アイテム」となる。

ヴィレッジ・ヴァンガードのコンセプトは「遊べる本屋」だ。しかし実際の店舗の本は、売り場面積で2割程度、売上では1割程度ではないだろうか。「遊べる本屋」は、選書の妙で遊んだあと、さまざまな面白雑貨を手に取り、そこで本格的に遊ぶことになる(=購買)。

H.I.S.の表参道店は、旅は文化だとうメッセージ性を発信するために、本売場をもっている。併設したカフェで買ったラテを片手に、長テーブルに座り、本のページをめくれば、世界中の多様な文化を疑似体験し、リアルな旅をしたいと感じる導線となる。

僕が企画からショップ立上げまで関わったサザビーリーグのAKOMEYA TOKYO(銀座店)は、「米屋にして米屋にあらず」を初期コンセプトにしたが、「米屋にあらず」の部分の付加価値を象徴する装置として、2階に本棚を設けた。本のセレクションは選書家の幅さん依頼。魅力的な本が並んでおり、食文化の魅力を頭の中でシミュレーションできる。
確かにウチのグループのSPBSにもブックセレクトの仕事が時折舞い込んできている様子です