新着Pick
272Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まあ日本の過去のテロの指導者層も連合赤軍しかりオウム真理教しかり高学歴とか裕福な家庭出身が多いよね。だから、シールズとか一歩間違ったらテロとかに突入しそうだから監視して叩かないとといつも思ってる。むしろ山本太郎とか選挙フェスの人とかはそうはなりそうにない脳内お花畑で安心。
「貧困な者に神学校で過激思想を吹き込んだ」などとテレビで解説している「イスラーム専門家」がいましたが、ガセです。日曜日の夜のテレビ番組が始まるよりもかなり前に内相の発言は英語では報じられていましたので、あいかわず勉強不足。日本語の新聞のウェブ版は、頑張っている時は大体半日遅れでカバーしますので、分秒を争わない人は日本語で読めばいいでしょう。
高学歴者や裕福な家庭の人がテロに関わることは珍しくありません。911事件の実行犯グループをみれば明らかですし、そこにフォーカスした本や報道記事も沢山でています。

また、テロは指導的立場やイデオローグの人物はえてして高学歴者や教養人が多い。大富豪出身のウサマ・ビン・ラーディンにはじまり、後継者のアル・アイマン・ザワヒリは医師。もう少しローカルでは、インドネシアを中心に暗躍した(まだ残党はいますが)ジャマ・イスラミーヤのモハマド・ヌルディン・トップもマレーシアの超名門校マレーカレッジ出身者。

という指摘はテロが起こると毎回のようにされるのですが、毎回忘却されます。

追記:日本の報道は詳しくフォローできていないのですが、皆さんのコメントをみていると貧困が原因みたいなことが書かれているようですね。「テロ=貧困」、「テロ=イスラーム過激思想を吹き込んだ」とかいう書き方は、分かりやすい方にメディアが走る弊害の典型です。テロリズムに関しての基本的な知識があれば、そうした書き方がいかにおかしいか、すぐに分かります。
ゲイロー「テロリズム―歴史・類型・対策法」
宮坂直史「国際テロリズム論」
などは少々古くなっていますが、これで十分に分かります。
東大全共闘が安田講堂を占拠した前夜、実行か否かで議論を重ねた末、最後に最高幹部が「面白いからやろうぜ」と言ったところ、それで一気に大勢が決まったという。
若者というのは何か事を起こしたい。何か変化を求めているもの。
それを高度な教育を受けているかどうかなど関係ない。
彼らには彼らのロジックがあり(多分に「何かやってやろうぜ」的なもの)、それを教育や話し合いで抑えることなどできない。
現在のような『ネット上で様々なツッコミが入る時代』だったらオウム真理教は果たしてあそこまで肥大化したかと考えることがあります。

『ツッコミ過多』はイノベーションを起こす起業家など『良いボケ』の阻害要因になる一方で、今回のような『悪いボケ』は防げたかもしれないと思ったり・・。

ノリつつシラケ、シラケつつノる。冷静と情熱の間。
結構難しいもんです。
日曜朝の報道番組でもいつものように「貧困と格差が背景」というまとめ方でしたが、ポジショントークに過ぎないことが明確ですね。
【国際】かつての日本の学生運動のようなものなのかもしれない。学生運動を主導した学生たちはプロレタリアートというよりも、中産階級でインテリ層に属した。イスラム圏がおしなべて若年層の人口が多く、同時に若年層の失業率が高いという現実を考えると、そういった「社会不安」が動機のひとつとなったとも考えられないだろうか?
戦前日本の社会主義者、共産主義者も富裕層子弟が多かったと聞いています。それだけ純粋なのでしょうから、社会の矛盾が大きいと反応も大きいのでしょう。
貧困がテロの温床、という決まり文句はかなりいい加減だともうわかっている。メディアの勉強不足を指摘する厳しい声が出ているが、そんなことは前から明らか。勉強する気がないのだから仕方がない。いつも同じメンツがスタジオにいるのがその証拠。本当にわかっている人が誰かすら知らない。
高い政治意識と学歴を持ち合せていても、政治的に発言の自由がなく、社会を変える事ができない不満の表れだと思う。国自体も、貧困や困窮状態にあるのではなく、ある程度整っている(整いつつある)場合、起こると思う。既存の政権やエリート層など、該当者を直接ターゲットにせず、象徴であるが無関係のエリートや外国人を狙い、その影響力を社会に知らしめる。

意識を持った層が集団化し、閉塞感が高まると力の出す方向を捻じ曲げてしまう。社会を反映してのテロの高学歴化。先進国も本当に注意が必要だと思う。