新着Pick
125Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国検索大手のBaiduが挑む自動運転車。Baiduの技術力は中国に住んでいる人以外には理解し難いが、逆に言うと、中国ではBaiduの技術的支配力は圧倒的。

記事にも「自動運転車の実現にあたり最も重要なのが地図と言える。バイドゥは中国においてグーグルマップ以上の精緻さを誇り、中国の各都市のあらゆる街路を3D画像で収めている」と書かれているが、実質外資が閉めだされている中で、Baiduしか持ちえていないデータは多く、それを活用しないと実現できない事業は多い。

また、「路上の警官の誘導にどう対応するか。交通ルールを無視して走る自転車をどう回避するか」というような「中国のカオスな道路状況において」必要となる「ソフトウェア自身が自己学習を行なうシステム」などはBaiduでないと作れないだろう。

ただ、設定しているマイルストーンはかなりStretchだ。はたして本当に実現されるのだろうか。

昨年のWiredの記事、「バイドゥの自律走行車、「一般道路の試験走行」に成功と発表」(http://wired.jp/2015/12/12/baidus-self-driving-car/ )では、自動運転車のアプローチは3つあるとしている。今のクルーズコントロールのようなドライバーの支援を進化させていくアプローチ、Googleのように最初からドライバー要らずの車を目指すアプローチ、そしてBaiduは自動運転のレベルに応じてではなく、さまざまな環境に合わせて、徐々に進化させるやり方」という第3のアプローチを取るという。これについては今回のForbesの記事にも書かれている。問題は最初の比較的簡単に見える「あらかじめ設定した周回軌道を走行するシャトルバス」から次のステップに進めるかだろうか。
北京の百度本社を取材したことのある者として、ひとこと。本稿は、とてもざっくりと、百度の事業の「成り行き」を紹介しているが、現実は、もっと加速中。なにせ、AIや高精度地図を含めた、自動運転のバックエンドの研究開発の要員数が日本の大手自動車OEMとは2桁、自動車ティア1・ティア2となら3桁は違う。中国という閉じたループのなかで、中央政府の支援のもと、巨大プロジェクト化しているのが実情だ。
中国でなら出来るよ。報道統制が出来るし、命が安いからね。
中国では、精密な地図、交通データなどの活用は、国家が制限をかけているはず。
少なくとも外国企業が、現行のナビ以上の精度でデータを利用することはできないのではないか。

それとも、BaiDuなら使えるのか?彼らが他国に進出するなら、中国市場も参入自由にしなければ、アンフェアの極みだ。
「あらかじめ設定した周回軌道を走行するシャトルバス」は、まだ自動運転車ではない。
2021年の完全自律走行こそ自動運転車といえる。
それでも5年後だから、ストレッチした目標だ。
3年後に商用化、5年後に量産化。baiduは国内唯一の政府と提携し、無人運転車のパイロット研究を実施している。
しかし、中国で無人運転はともかく、自動車の自律走行の合法化はまだ、地図よりどうやって交通ルールを無視して走る自転車(中国では結構多いです)を回避するのは問題点です。
2016年7月3日に、烏鎮旅遊(5Aレベルの観光名所)がBaiduと戦略関係を締結し、烏鎮におけるレベル4の自動運転を導入する。
 Baiduの自動運転事業部の総経理の王さんが「コンピュータビジョン、環境センター、計画と意思決定、行動制御、センサヒュージョン、音声対話、高精度の位置決め、高精度なマップの面で、Baiduの技術が非常にすぐれている」と述べた。
完壁を求めなければ商用化は出来そうですね。
Baiduは人工知能にも投資しているので、その技術を活かせる可能性はあります。
交通事情はカオスなイメージがあるけど、政府主導で一気に変えてくると怖いな。
百度(バイドゥ、)とは、中華人民共和国で最大の検索エンジンを提供する企業である。創業は2000年1月で本社は北京市にあり、その他「百度百科」、「百度入力方法」なども提供している。 ウィキペディア
時価総額
4.92 兆円

業績

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
98.0 兆円

業績