新着Pick
176Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
転職市場は総じて活況ですが、トップはなんと2年前の同時期と比べて、777%増。トップ10のうち技術系職種が強く、ものづくり回帰の印象です。
一方で、求人数が大きく下がった職種も。それは何か? 

特集を最後までお読みいただいた皆様、本当にありがとうございました!
常に改善をしていくためにも、ノウハウを蓄積するためにも、メディアでの「内製化」の重要性は増し続けています。エンジニア需要の状況はしばらく続きそうです。
求職側は倍率上位のポジションで登録したほうがいいだろうし、求人側は倍率下位から自社で育てられる目利きが求められると思いますね。
例えば、上位にあるデータサイエンティストなどは、なんちゃってサイエンティストも多いので、これまた目利きが必要。自社へのフィットも難しいし。
興味深いデータですね。転職市場が活況なのは良いことだと思います。
いまは企業が求める人材像も、変化していると思います。これまでになかった技術・環境を追う場合が多く、従来とは違った発想のできる人がほしい。ただ、求める側も、長期でその技術・人が必要になるかは、不透明で見えないところがある。いつも思うのは、求人数も大切ですが、いくつになっても必要とされる人材であり続ける、難しさです。
データを使うマーケッターとデータサイエンティストってどう違うんやろ。

データサイエンティストはPOSシステムを作る人とかそんな感じ?
営業、宣伝(経営層)とシステム屋さんを繋ぐ通訳的な仕事や、最新techを自社ニーズ、シーズに当てはめ、取捨選択の選球眼を持ってると、転職に役立ちました。(経験談。)
《キャリア》こういう波は長期的に見ていくとあるのだろう。が、流行りに乗るのではなく、なんとも表現し難い、他人には模倣・再現出来ないパフォーマンスを出していきたいところ。それは、様々な能力を織り重ねたものであり、時流に乗るのとは別物だと思う。
この連載について
AIをはじめとするテクノロジーの進展により、営業、マーケティングから経理・人事に至るまで、さまざまな領域でデジタルの素養が求められるようになっている。従来からある「義理と人情」「経験とカン」に基づく仕事は、今後徐々に重要性を低下させていくとの声も根強い。その中で、「文系の仕事」は今後どうなるのか。各企業の先端事例から、仕事の未来像を考えていく。
パーソルキャリア株式会社(英文名称:Persol Career Co., Ltd.)は、転職支援、求人情報、アウトソーシングなどを手掛ける、総合人材サービス会社で、パーソルホールディングス株式会社の子会社である。 ウィキペディア