新着Pick
268Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
24時間振り込みが可能で、手数料も低くて、振り込みも簡単なら、個人間での送金がめちゃくちゃ加速しそうです。
人気 Picker
自行内の振り込みが来年、他行への振り込みが再来年になるのは、各銀行と日銀の当座預金を結ぶ送金為替決済システムである全国銀行データ通信システム(全銀ネット)が現状3時20分で停止してしまうからです。

2018年には24時間稼働の新しいシステムに置き換わる事になっており、その結果他行宛の振り込みも24時間可能になります。
来年から自行内だけで可能になるのは、そのシステム更新を見越しての事です。(自行内だけなら今のシステムでも可能ですので)

システムの稼働時間が決まっているというのは、今では考えられない事ですが、昔のシステムの処理能力など様々な関係で、大口の取引を1日に1回まとめて行う仕様になっているので、リアルタイムで全ての取引を行うためにはシステム自体を更新する必要があったわけですね。

新システムの早期完成が待たれるところですが、その頃にはフィンテックの普及で、また時代遅れのシステムになっているかもしれません。

利用者からするとようやくというところですが、このスピード感で、フィンテックの波に銀行が対応出来るかどうかはチョット疑問です。
昔の手形交換所時代のような錆びついたやり方では到底現代的顧客サービスの基準には合致しません。今回の動きも、現時点では自行内決済のみ。全銀システムが24時間・365日対応になるのは18年後半。他行間でも24時価決済が可能になるのはそれからということになりそう。このスピード感のなさ、横並び意識が邦銀のイノベーションを阻害する元凶です。
りそなは1年以上前から24時間化しています。
ようやくそうあって当然のサービスが実現するということ。それ以上でもそれ以下でもないですが、これまでのスピード感からすればだいぶ改善してきているといえるかと思います。それだけこれまでが遅々たると言わざるをえない状態だったわけですが、、、
まず自行内と言えども、メガは、地銀やりそなとは口座数がまるで違うので、利便性はかなり高まる。

こしさん
仰る通り(笑)。銀行の為替担当、会社の経理担当、多重債務者は大変ですね。
素晴らしいね。みずほもはやく追従してほしい。
良い話ですが、資金決済は資金が振り込まれる口座の銀行が同様の対応しないと成立しません。2つの銀行だけではサービスレベル、インフラとしては中途半端と言わざるをいないでしょう。
銀行の24時間振込対応はとても便利になると思う一方今更感もありますね。

他行振込は全銀システムを使わないと出来ないので難しいですが、自行内振込はできるはずでしたからね。

ビットコインで既に24時間365日で、世界中に送れますし、Linepayなら土日でも即時にチャージできる。

全銀システムの追加コストは手数料高を招かないんですかね??
ようやく、という感じですね。
以前からグループ内振込を24時間・365日対応していたりそなは「銀行業から金融サービス業へ」という掛け声でサービス改革を進めたわけですが、メガにおいても同じような意識変革が求められていると思います。
大証デリバティブ祝日運営化や東証取引時間延長の議論にも追い風感。
フィンテック的にはオープンAPIの実装次第じゃないですかね。
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英語: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)は、日本の金融持株会社であり、TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.58 兆円

業績