新着Pick
227Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
カントリーリポート第2回はシンガポール経済の発展の経緯とリスクについてまとめました。狭小な国土と小さな人口で、他の国に比べれば政策を実行しやすい国ではあります。それはシンガポールの政府関係者も認めることです。また、日本など規模の大きな国が簡単に参考できる政策ばかりでもありません

誰がやっても現代のシンガポールの繁栄を達成できたのか。あるいは、管理国家と言われますが、他の手段で現代の反映を達成できたのか。シンガポールを管理国家などと批判することは簡単ですが、代替手段があったのかとも問いたい。

エリートでない人たちも、決して楽な生活ではないもの、衣食住を足りる生活を実現している。また、止む得ない事情があり働けない人たちや困難な環境にある人たちへの福祉もほぼ完備されています。50年という短期間だったこともよく考える必要があるでしょう。

リークアンユーの回顧録を読むと、彼が国家経営にかけた情熱と、全体最適をどう実現するか、日々考え抜いていたことがよく分かります。全員が完全に満足できる経済政策は難しい。

昨年の葬儀で普段は政治に関心のない人たちでさえも、数時間の列に並びました。そこに、クアンユーという人物が残した成果を国民がどう評価したか、全てが表れていると思います。

リー・クアンユーは日本占領期に「粛正」の対象になりかけた人物です。本人の回顧録にあるように、なぜ、クアンユーが助かり、他の人が粛正されたのか、その線引きは曖昧でした。それでも生き残ったのは、クアンユーという希有な政治家が生まれ持った幸運なのかもしれません。

前置きが長くなりましたが、ぜひ、第2回のシンガポール経済についての記事をお読み下さい。

バックナンバー
予告編【新】海賊の島から日本を抜く所得水準へ。変貌するシンガポール
https://newspicks.com/news/1639983
第1回【フォトスライド】現地写真とグラフでみるシンガポール
https://newspicks.com/news/1640181
実質的に独裁政権だがそれでも幸せになることができる。あの地理的条件であの高度な社会インフラは物凄いことだと思うよ
シンガポールという国の在り方がコンサイズにまとまった素晴らしい記事。私がメディアで良く使うシンガポールの表現は「創業ファミリーが大株主の従業員500万人の企業国家」。乱暴な言い方だけど、官僚にも強烈なインセンティブが徹底され、技能に応じて外国人もどんどん受け入れる姿勢が伝わるのではと。

就労ビザのハードルも上がってきているので、シンガポールの非正規雇用メンバーとしては、納税や雇用の面で会社(国家)に貢献して、今後も活動の場を確保したいところ。
汚職と、北朝鮮との比較やリー・クアンユーについてが、特に興味深い。汚職は、隠れたコストで成長を阻害する。だからそこをZero toleranceで排除し、優秀な官僚が集まる仕組みも教育(海外留学)含めて構築。そしてリー・クアンユーというとんでもない指導者が全てをコミットしたからこそ、たとえ一定の管理があっても、衣食住に困らず、ほとんどの他国より幸せな状況にあるだろう。
『私は自分の人生のほぼすべてをこの国をつくりあげることに使った。それ以外に私がする必要のあることなどなかった。私が最後に得たものは何か。成功したシンガポールだ。私が捨てねばならなかったものは何か。私自身の人生だ』
ASEANの専門家、川端さんによるシンガポールの社会経済分析。包括的ながら、それぞれの要点がうまく整理されてまとまっている素晴らしい論考。

蛇足ながら、いくつか僕自身の視点から付け加えておきたい。

1) 政治の腐敗の回避
これは記事内でも触れられているように、リー・クアン・ユーが成した最大の偉業かつ、人類社会全体における画期的なイノベーションともいえる。政治の腐敗は、中国や東南アジアなどに限った問題では全くなく、まさしくグローバルイシュー。アメリカなどでも、政治の腐敗による様々な問題は近年大きく扱われており、著名法学者のローレンス・レッシグは、アメリカ政治の腐敗の撤廃を公約に掲げて今回の大統領選に出馬を試みた(その後撤退)。国家の急速な発展のなかで、政治の腐敗を広がらせず、クリーンで透明性の高い法治を実現したのは、近代史のなかでシンガポールが唯一であろう。

2) テマセク・ホールディングス
シンガポールの政治経済を語る上で、テマセク・ホールディングスの存在には、日本ではそれほどスポットライトが当たらないが、避けては通れない要素(言うまでもなく川端さんはよくご存知だろうが)。テマセクHは、シンガポール財務省が100%保有している政府系ソブリンファンド。運用額15兆円、年間売上6兆円、純利益1.2兆円の巨大ファンドで、シンガポールの主要産業のメイン企業の株式を大部分保有している(シンガポール航空、DBS銀行、シングテル等)。現在のCEOは、現首相リー・シェンロン夫人のホー・チン。そして、国内だけでなく、インドネシアや中国にも積極的に投資をかけている。テマセクHの動きを概観するだけで、ASEANのさまざまな動きや政治バランスが見えてくる。

3) クリエイティブ産業振興
シンガポールの教育制度が、語学・数学・科学などの数値化しやすい領域に特化しすぎて、スポーツや音楽やアートなどの教育振興を極度に軽視してきたことは、国内でも批判が強まっていた。小国とは言えども、シンガポール出身のアーティストやスポーツ選手などの名前がほとんど頭に浮かばないことがその証左。近年、シンガポール西部のBuona Vista / one-north地域を、新しい教育振興の拠点にして、デザイン系の新大学 (SUTD) を設立したりしている。この辺りの政策実行のスピード感には感嘆するばかり。
ASEAN諸国の経済・金融・貿易のハブとして、中国がFTAを結んだり、同国からの移民を多く受け入れたりとシンガポール国内での労働力確保に努めてきたシンガポール。高校の時点で入国してもらい、大学卒業と同時にシンガポール市民権を与えてきた人材がこれまで経済を支えてきた。今後はリー・クアンユー氏なきシンガポールがどう民主化していき、マレーシアなどと違いを出してくるのか楽しみです。
下記の抜粋にもあるようにシンガポール政府の職員の給料には仕掛けがあると聞いたことがあって、汚職をさせないためにも給料は最高水準にすること。そして、それによって優秀な人材を政府にも集めること。この辺りだけ聞いても、シンガポール政府というのは巧みだなと思った記憶が蘇りました。

「シンガポール政府の職員は、経済成長率などの数字がボーナスや昇給に影響する仕組みがあり、競争原理が取り入れられている」
「淡路島ほどのシンガポール」というタイトル文に惹きつけられた。僕の父は、戦時終盤の1945年春に淡路島洲本市の旧制中学を卒業したが、親が進学を許さなかったため、単身で満州(現在の中国東北部)に渡り、国立ハルビン学院に入学した。8月に日本が敗戦するとソ連軍がハルビン学院を占拠した。父はシベリア強制収容所に送られかけたが、紙一重の運で、命からがらの帰国を果たした。戦後は心機一転、大学に進み、総合商社に入社した。そして戦後経済成長を推し進める企業戦士のひとりとして、世界中を飛び回り続けた。明治維新後、日本人は、小さな島国を大きな国にしようと尽力した。成功した部分もあり、苦い失敗も体験した。小さな淡路島から外界に出た父は、日本の近現代史を象徴するケースであったように思う。シンガポールの事例は、特殊であり、もちろん淡路島がシンガポールのようになると考えることもできない。しかし、地政学的拡張やグローバル経済の追随だけが、僕らが生き残っていく道ではない。日本の豊かな国土を活かし、魅力的で持続可能性の高い社会をデザインしていく多様な可能性に目を向けたい。
シンガポールの景気は人の数では判断できずに、船の数で判断すると言われます。
人の数をこれ以上増やすことはできないから一人当たりの生産性を上げることに全力を上げるのでしょう。この考え方は日本も見習わないと。
リー・クアンユーほんとかっこいいです。

「私は自分の人生のほぼすべてをこの国をつくりあげることに使った。それ以外に私がする必要のあることなどなかった。私が最後に得たものは何か。成功したシンガポールだ。私が捨てねばならなかったものは何か。私自身の人生だ」