新着Pick
867Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
カントリーリポートの新シリーズはシンガポール編です。本日から5日連続の配信となります。シンガポールは資源もなく、淡路島ほどの大きさであり、独立してから51年という期間で、世界有数のビジネスハブへと成長した秘訣は何か。多くの日本企業にとっても、アジア太平洋地区を俯瞰する重要拠点と位置付けられています。

本日はこの予告編に加えて、写真とグラフでみるフォトスライドもあわせて公開しています。本連載で使用する写真は、全て私が現地で撮影したものを利用しています。

第1回【フォトスライド】写真とグラフでみるシンガポール
https://newspicks.com/news/1640181

なお、過去のカントリーリポートは下記から読めます。
https://newspicks.com/user/9219/
マレーシア、ベトナム、タイ、インドネシアを配信済み。

ASEAN全体については下記「ざっくりASEAN」をお読み下さい。1年近く前の連載ですが、短期的な視野ではなく中長期的な視点で書きましたので、今も参考にして頂けると思います。
ざっくりASEAN予告編「なぜ今、日本はASEANに注目すべきか」
https://newspicks.com/news/1112994

追記:一部からご指摘を頂いていますが、シンガポールのリスク面などは連載中で触れます。連載全体で一つのパッケージとしてお読み下さい。

追記2:Chen Ronさん、清華大学の記載についてのご指摘ありがとうございます。本文の表を修正致しました。
シンガポールの発展には敬意を抱きます。役所の許認可もスピーディーだしひとびとは精力的だし食い物は美味いし。

しかしわたしはシンガポールに駐在していましたが一生涯を通してシンガポールに住みたいとはまったく思いません。いろんな局面で息が詰まる。

なぜかこの記事はシンガポールアゲアゲでむしろその潔いいわば脳天気といってよいほどの突き抜け感が面白いのですが国民は「カネ」だけで祖国を愛するものでは決してないということは言っておきましょうか。

本記事とは対極にあるこちらの記事も合わせてどうぞ。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46249
シンガポール、地下鉄などの公共工事やビルの建築において風水が絶対視されます。建設段階で風水師のアドバイスが取り入れられるのはもちろんのこと、工事の途中でも風水師が定期的にチェックし、彼がノーと言えば、例え数億、数十億の費用が掛かろうともやり直します。シンガポールのような国土の狭い国では、単に地下鉄の路線を変更するといっても、それは並大抵のことではありません。しかし、それでも強行する。さすが、歴代のリーダーが客家出身って感じですね。風水信仰が筋金入りの国です。
特に現地コミュニティに食い込んでいる川端さんならではの「シンガポールは時に「小さくて飽きる」「明るい北朝鮮」などと言われる国だ。しかし、そうした見方について筆者は、シンガポールの現地社会に深く入り込まず、本質的な理解をしていない証左だと注意を促したい」という内容に期待。ここら辺、駐在していても日本人コミュニティとしか付き合わない人は全く知らないだろうから。
世界中から人材や企業や学校を集めて発展するモデルですね。
英国の「ウインブルドン現象」とよく似ています。

シンガポールは富めるものには優しいけど貧者には厳しいと、よく耳にします。
同質性を求める日本人の気質では、こういう国づくりは無理なのでしょうね。

有能な人材はシンガポールに行って一旗上げて日本に帰ってきて、個人消費に貢献してもらうしかないのでしょうか?
一人あたりGDPは日本の1.7倍、シンガポール国立大学NUSは大学ランキングでアジア首位。移住する日本の富裕層も多い。輝きを増すシンガポール。この伸びゆく小国に、衰えゆく日本が学ぶことは何か。いや、規模的には横浜市ぐらいだから、都市政策として見るのがいいですね。
資源が乏しい日本は貿易立国、と社会科の時間に教わったのはもう50年以上前。当時の発展途上国型加工貿易の時代は終わったとはいえ、資源の乏しい国が成長するには輸出と輸入の間で付加価値を得る広い意味の貿易が決定的に重要だという事実は当時も今も変わりません。農林水産資源に本来は恵まれているはずの日本以上に厳しい条件のシンガポールが、世界中から人や企業を集め、いわばぶっちぎりで日本を抜いて経済的に豊かになった背景に興味を持って見ています。
いろいろ難点も言われるシンガポールですが、白髪の私が人生ではじめて地下鉄内で席を譲られたのはシンガーポールでのことでした。 出張や旅行をするたびに、その後もたびたび席を譲られます。未だに日本でそんなことは起きません、譲られることが嬉しいがどうかは別にして(笑)。些細なことではありますが、競争重視で国が豊かになる中で、そういう側面を持つ国でもあるようです・・・・あ、この一週間旅したスペインでも何度か席を譲られた。経済的豊かさとは関係ないのかな?
シンガポールが日本に占領されていた時期があったとは、恥ずかしながら知らなかった。その辺の歴史的経緯も含めてシンガポールについて知る良い機会だ。期待しています。
大学ランキングの話でいえば、文系でも、日本の有名な研究大学の終身雇用職から香港科技大学の任期付き職に移籍した研究者の知人がいるなど、確かにアジアの大学の中心が日本から移動しつつあるようにも思える。とくに海外の留学生は、大学ランキングを重視しているので、意外と重要だろう。その一方で、いまの日本の大学にはお手頃感も出てきているようで、トップではないものの、アジアの優秀層にとってリーズナブルなものとしても映るようだ。彼ら、彼女らをきちんと育てていくことが重要な気もしている。
ASEAN専門家で、今シンガポール駐在の川端さんだからこそ、特に期待したい連載!特に、個人的には、日本の東京以外の都市では、知人・友人が一番多くいるのはシンガポールか香港だと思うので、距離は離れていても身近な都市(国家)。もっと深く知りたい。
この連載について
ASEAN各国について政治、経済、ビジネスを中心に現地の声を交えながら解説、分析する。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
9.8 兆円

業績