新着Pick
581Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
入国審査用のアカウントを作っておけば良いという話もあるが、そんなのは承知の上での提案だろう。アカウント未記入の人はもちろんの事、最近作られたアカウントの人や普段使い使いしていないアカウントの人は特に詳しく確認することになるのではないか。過去の投稿などを分析すれば、入国審査用に作られたアカウントの場合のパターンを見つけ出すことが出来るのだろう。求められる精度は100%の必要はない。あくまでもヒントになれば良いのだから。

【追記】それにしても、私はTwitterもFacebookもかなり長いこと使っているが、過去に恐らく変な投稿をいくつもしているのではないかと思う。それらが変にチェックにひっかかったりしたら面倒だ。

はっ! ここはビジネスチャンスだ。「貴方の過去のツイートを分析し、米国入国審査で問題になりそうなものが無いかを確認します」

【追記2】面来さんのデータのクレンジング説はありうるかも。
人気 Picker
なるほど。米国だけでなく、欧州も必要かもしれません。これだけ世界中でテロが起こっていて、SNSに思想が書いてある事も多い。もちろん、一般人としては気分が良いものではありませんが、テロに巻き込まれるより全然いい。
ESTA取得時に審査するのもいいかもしれません。

(本当に本人かの確認が取れるかと、何のSNSを審査するか、課題も多いと思いますが)
これは、批判もあるでしょうが、アメリカ在住者としてはぶっちゃけ歓迎です。当然、ホンモノのテロリストはいくらでも偽造できますし、すでに米国民である人がテロするケースも多いですが、少なくとも素人がテロリストの真似をするために入国しようとするのを抑止できるかも。
俺やベーな。今のFBは坊主写真で荒れてる。何かの決起記念的な。。汗💦
これに限らず、SNSのアカウントは個人の信用情報を補填するものとして社会のインフラ的な機能を担うようになるのでしょう。実名登録のFacebookなどはまさにそうした用途にうってつけです。
そのうち、異なるサービスでのユーザー評価を統合して一元的にその人物の信頼性を管理するような方向でSNSアカウントが活用されるようになるのでしょう。オークションサイトで高評価のユーザーは初めて利用する配車サービスでも過去の評価を反映して優遇されるといったような使い方。今となっては懐かしのKloutの発展版でしょうか。
SNSを見ていてつくづく思うことは、ネットの世界ではちょっとした出来事が記録されて第三者にも開示されることで、その時々の記憶やその人の個性が固定化されてしまうということです。たとえ当人の思想信条が変わったり、成長していても、ネット上では時間の経過とともに過去の記憶が薄れるということはありません。ネットの世界の軽はずみな言動が現実世界の自分の行動をも拘束し得るということを改めて認識しておくべきでしょうね。
これでビザが不要になれば、とっても便利ですね。
事務手続も簡略化されますし・・・。
何だか窮屈な感じがするよね。顔写真や指紋はしょうがないけど、SNSは個人の趣味でやっている人が多い。どんどん管理型の社会になっていくよね。
こうなってくると、アメリカに行くには、パスポート以外にSNSのアカウント作成が必須になってくるかもしれない。LINEは認めてくれるんだろうか。選択肢はFacebook、Twitterくらいだけだろうか。
日本語読むんかいな
テロリストを排除するだけでなく、Klout Scoreが50切る雑魚は移民拒否みたいな世界になるかもしれない。