新着Pick
377Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Tangoで、Googleが指摘するように、人を中心としたモビリティ(移動体)社会で、これからのキーは、屋内地図。つまるところ、屋内と屋外の区別はなくなり、A地点からB地点までの移動、およびその周辺情報をやり取りする世界が常識化する。
現状、屋内移動の「基盤」としては、Wi-fiやビーコン、または日本の産総研の開発技術を中心に量産化進む、加速度センサーをつかった方法などがあるが、ベースとなる地図領域が未完成のため、ビジネスモデルが見えない。
まあ結局、この分野でも、ファンダメンタルズをGoogleだのAppleだの抑えられてしまうと、日系企業他の「後追い組」はマネタイズできず、というルーティーンへ。
公共スペースに限られるでしょうが、屋内まで進出してくれるのはありがたいです。

近い将来、グーグル経由で入場料を支払えばグーグルアースで美術館や博物館に入り放題になるような気がします。
バーチャルトリップがますます広がりますねー。
Google I/O2016でデモ機を触ってきました。ジャイロの精度の調整が凄まじくよく開発してあるのと、Depthsensorも上々の認識率。一部屋スキャニングするのに数分でできてしまいます。
今夏にはLenovoから発売されますし、
http://japanese.engadget.com/2016/06/09/google-tango-phab-2-pro-lenovo-3d-ar-vr/
一般人がスキャニングして集め始めたら一気に屋内データが集まりそうです。
屋外のデータは人工衛星や自動車を使ってGoogleが集める必要があったが、屋内の情報はシステムさえ供給すれば、事業者が勝手にアップしてくれるだろう。
まずは、商業施設や不動産屋、公共施設などで、その内、自分の家とかアップする人も出てくるかもね。
急速に広まりそうね。やっと普通に使える端末がでてきたので
室内で位置情報をピンポイントで表せるとなるとかなり便利になる。さらに、室内の図面を描くようなところまで行けば、地図アプリ以上の価値が出てくる。
へー、これは面白い。
今でもナビタイムが無いと生きていけない人間ですが、大阪の地下街とか、デパートの中とかでしょっちゅう迷うので、こういう技術の進歩は大歓迎。
そのうち、近くにいるはずなんだけどどこにいるか分からない子供とかを探す技術とかも進化するんですかね。
"Googleの手元に何も残らなかったわけではない。重要な特許の多くを確保したうえ、Motorolaの実験的なハードウェア部門Advanced Technology and Projects(ATAP)も残していた。このATAPがProject Tangoを生み出した"
現実社会のコピーがインターネットの世界に再現されるので、VR含めて長い目で見た影響が大きそうですね。
東京も大阪も日本の主要都市は地下が発達しており、ある種ダンジョンです。インバウンドも増える中、各々のアプリ対応だと不便なので、Gマップでここを解決出来るのは有難いです。

業績

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア