新着Pick
529Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
無線通信技術は世界で戦えるレベルなので、上手くお客様の価値を考えられるパートナーと歩めるといいですね。
人気 Picker
ドコモのR&D部門はすごく優秀な集団。日本でも随一、そして通信技術では世界有数の企業。
自動運転は通信が「繋がっていること」、そして「途切れたとき」の制御が重要かと思うので、ドコモには期待大です。
「技術の下支え」としっかりと得意分野に徹するのがいいですね。
大企業が新しい取り組みをする理由は二種類。本気で新しい市場を切り開こうとし、大仕掛けで社内外のリソースをフル活用する。有能な経営者は会社が好調な時ほどそれを狙う。もう一方は、新しいことやっているフリ。株主やメディア対策であり、自らの保身でもある。この場合、大がかりに資本とヒトは投下せず、ミニマムな投資で外部と組み、外部にやってもらって自らは決して血を流さない。そそていろんなものに少しづつ手を出す。やってるフリが目的なので成果は求めないし、出にくい。本記事が前者であることを願ってます。
ちなみに、私見ですが、よく大企業には技術があるというR&D神話があるが、ゆるい環境では技術は尖らないし実戦投入できるレベルにはいかない。そんなに現実は甘くないと思います。

ちなみにこれはあくまで一般論で特定の企業の内部事情や情報に基づいた分析ではありません。
DeNAは大企業を仲間に引き込んで行くのがとても上手い印象がありますね。先日、ある人がDeNAはスタートアップの顔とエスタブリッシュ企業の顔、両方持っている事が強みだと言っていましたが、その通りだなと感じました。
日本企業連合をつくっていくのはいいのだが、世界標準からはなれたサービスになっていかないかだけが心配。
かねてより「自社だけでは出来るとは思っていないが、先にやることでモルモットになり、様々な会社を巻き込んでいきたい」と語っていましたが大きな提携が決まりましたね。
「社会実装」が必要なテクノロジーの典型の自動運転。政府も含めた仲間づくりをどれだけできるかが重要になりますね
先日、DeNA執行役員・ロボタク社長の中島さんが、私が主催関係者として参加している、とある講演で「近日中にいくつかの新しい事業を明らかにできる」と言っていたが、これが「そのひとつ」。
V2IやV2Vで、ドコモがどうやって「マネタイズ」するつもりなのか。お手並み拝見。
ドコモは要素技術としては自動運転に活かせるものも多く持っていると思いますが、顧客起点の発想という点においては非常に不安です…。是非部分的な技術の開発・提供に限った参入であって欲しいものです。
しかし自動車にドコモとDeNA。文字通り自動車は自走式モバイル端末になってきましたね。
良いニュースですね。信頼と技術力のドコモに期待です。両者とも本気ならその部門を独立させて外部から人を集めまくるのが良いと思う。legacyなものを限りなく減らさないと事業を前に推し進める力が強くならない。
個人的に楽しみな連携です
良いPick!
インフラとネットワークをもつドコモとDeNAのコラボ。
広がりをみせてほしいですね。
いま、別の記事にコメントしたのですが、自動運転とサイバーセキュリティーは切っても切れない問題。ここもがっちりコラボが必要な分野です。

ちなみにこちらも面白いです。
「船の無人化 ロールスロイスのロボット船構想」
https://newspicks.com/news/1636935?ref=index&block=technology
スピード感だせるのかねぇ。
株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話の無線通信サービスを提供する、日本最大の移動体通信事業者(MNO)。日本電信電話(NTT)の完全子会社。 ウィキペディア

業績