新着Pick
96Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
お子さんが生まれたとき、多くの親御さんが子供の未来のためを思って入る保険ですが、加入者にとっても、保険会社にとっても魅力的な商品で無くなってます。

ジュニアNISAなどを通じて子供名義で株式投信ならば活きた想い(投資)になります。もっと解約の柔軟性がほしければ(中高への進学、結構お金がかかりますから)課税口座で積み立てれば良いです。自分自身、何気無く初めたのですが、本当にやっていて良かったなーと思いました。
以前よりアフラックの学資保険は窓販でも販売制限や販売中止となっていました。マイナス金利で円建終身保険同様に今後は運用が難しいと思います。

低金利時代で貯蓄から投資に家計も資産を振り分けることが求められる時代。ジュニアNISAは学資保険の受け皿としても期待できます。少額で月々積み立てを行えば学資保険の様に10年以上運用することでドルコスト平均法の効果も得られます。今の様な相場下落時には、沢山の口数を購入でき、有効です。同様に401kも所得控除が利用でき、有益です。

定額保険は金利上昇時には(他の金融商品に比べて)不利になったりとメリットばかりでもありません。
教育資金としていつまでにどのくらいの金額確保しておかなければならないかをまずは把握した上で、そのためにいくらずつ積み立てていけば良いのかを考えることが大事。学資保険にしろ、終身保険にしろ、ジュニアNISAを利用した株式や投信積立にしろ、その他にしろ手段にすぎないので、目的を見失わなければ自ずと手段は絞られてくるものですね。
ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社(英語: Sony Financial Holdings Inc.)は、ソニー株式会社の連結子会社で、ソニーグループの金融事業を統括する日本の金融持株会社(中間持株会社)。一般社団法人全国銀行協会準会員。 ウィキペディア

業績