新着Pick
112Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
既存の世界経済秩序は、第2次世界大戦直後に、戦勝国となったアメリカとイギリスが中心になって創り上げたものです。IMF、世界銀行という金融通貨体制に関しては、特に国際会議が開かれたアメリカのニューハンプシャー州の街の名前から「ブレトンウッズ体制」という名前で呼ばれることもあります。いうまでもなく、ドル基軸通貨体制です。

AIIBではブレトンウッズ体制を構築したイギリスが中国と手を結び、このブレトンウッズ体制を覆そうとしています。反米のスタンスを取り続けている中国共産党と、凋落著しいとは言いながら旧覇権国のイギリスが手を握ったことは、アメリカにとってかなりの衝撃だったと言われています。これをきっかけにパナマ文書の問題を仕掛けたのではないか、とさえ。

中国と連携し、人民元取引センターとなることにより、シティを復活させようとしていたイギリス、凋落したとは言いながら、かつての覇権国であり、大英帝国時代の様々な資産を継承し、情報網であったり人脈であったり、制度運用のノウハウがあるイギリスを手に入れ、アメリカに対峙したい中国、双方の利害が一致している、と言われています。

結局のところ、後ろに見えてくるのは、中国共産党がドル覇権を打破し、人民元基軸通貨体制を世界に強制することにあります。
「盟主ドイツの指導力が問われる。」大戦の暗い過去と贖罪から決別して、またもドイツが欧州政治の前面に出る。欧州が恐れるのは、英国離脱よりも、ドイツ強大化なのかもしれない。
英国のEU離脱は、欧州を分断する戦争の反省から独仏が何とか手を握ってきた歴史に冷や水を浴びせたことは間違いないでしょうが、これでドル基軸が崩壊するわけではないと思います。新興国の台頭で世界秩序が変化しているのも事実ですが、これも英国のEU離脱と直裁的に結び付けるのはどうでしょう。自由と民主主義など近代西欧市民が勝ち取った価値観は、まだ優位を保つと思います。
ブレグジットはEUの再編や瓦解の端緒となるのは可能性は非常に高いですが、「戦後秩序」を破壊することにまで繋がるかどうかはまだわかりません。各国の動向次第では米国のプレゼンスを高める可能性もあるように思います。もちろん中露、とくに中国の動向は注視すべきですが、少なくとも今のところは自国の体制を維持するのが精一杯で、「戦後秩序」を破壊するまでは至らないのではないでしょうか。ただ、これが仮になされたとすると、それでも新秩序の構築まではできないでしょうから、より一層の混乱を生じさせられると厄介なことにはなりそうですが、、、
リー・クアンユーが「欧州統合の夢は失敗に終わる」と予想した理由を詳しく知りたいところです。
世界の統合と分裂の歴史は、この先も繰り返していくのでしょうか?
シンガポールのリー・クアンユー初代首相の言葉は、それを示唆しており、重いですね。
イギリスの人口は1990年の5700万人から現在は6500万人まで急伸しており、そのほとんどが移民によるものとされています。特にドイツが難民を受け入れるとしてからは、イギリスへの移民は年60万人を超えたとするデータもあり、民主主義における「民」の急激な変化に既存の秩序システムが対応し切れなかったと言えるでしょう。この両立は不可能であり、移民制限という安易な解決策を取るか、民主主義に変わる新たなシステム作りが求められていると思います。
Globalisation vs Nationalisation(ロシアや日本)て感じですかね。
【国際】「戦後秩序」を構成してきたものが、ニクソン・ショックによる金本位制の崩壊、冷戦の終結、アメリカの衰退などのように数十年に一回の国際的なイベントによって緩やかに変容しつつも、総体的には「戦後秩序」が維持されているという事実に注目すべきであろう。

今回の英国のEU離脱も「緩やかな変容」の一局面であって、そのことが直ちに「戦後秩序」の完全崩壊を意味するものではない。これまで「戦後秩序」の構成要素が失われたとしても、それを代替する構成要素が現れることで、総体的には「戦後秩序」は維持されてきた。ただ、今後も「緩やかな変容」が続くのであれば、いずれは「戦後秩序」が完全に崩壊するか別の秩序に取って代わられるという点に留意しておいた方がよいだろう。

「戦後秩序」が長きにわたって維持され、折に触れて補完が行われてきたことを考えると、今後も「経路依存性」(一見非合理的であったとしても、膨大なコストがかかるため全面変革を行うことはしないということ)が働くことになるだろう。また、国際公共財を供給する能力を有する「覇権国」が存在しないことで、大規模な「新秩序」の確立が難しいことも「戦後秩序」への「経路依存性」を強めることになっていると考える。
中国大陸も統治する面積は時代によって異なってきたように、雑多な群衆は常にはまとまらず、アメーバのように形を変えつつ生きていくもんでしょう。