新着Pick
145Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
AIで評価されるところがトヨタの凄いところですねー!
すでに新しい分野を視野に入れています。
MITが言うことを、いちいち「権威」として崇めるのもいけないとは思うが。
結果として、日系企業のランクが低いのは当然。
なぜなら、世の中の俯瞰して、一気にチャレンジするような社風が見受けられないからだ。
なお、トヨタのTRIへの投資などは、企業規模と世の中の流れをみれば「やって当然」の範疇であり、事業戦略として「斬新」というイメージはない。
基準がおもしろいですよね!このランキング

ただの知名度というより、技術的に可能性を持ってる企業というか、BtoBもしっかり入ってる
せっかくなので、50に選ばれた他の日本企業も同じ形式で和訳してみた。

----------
第27位:ファナック株式会社

本社所在地 日本、忍野村
産業 コンピューティングおよびコミュニケーション
公開・非公開 非公開会社
時価総額 300億ドル

富士通の一事業部としてスタートしたファナックは、世界最大の産業ロボットメーカーである。最近、ロボットとネットワークをつないで工場のオーナーがアプリをダウンロードできるようにする新技術を公表した。また2015年6月には、ロボットが独立してスキルを学ぶことを可能にするAI技術を開発すべく、日本の機械学習の会社と提携。

8 ファナックのロボットが90%の精度でタスクを学習するのに要する時間。

----------
第38位:LINE、ネイバーの子会社

本社所在地 日本、東京
産業 インターネットおよびデジタルメディア
公開・非公開 非公開会社
時価総額 50億ドル以上と予想される

LINEの成長は減速したものの、ユーザーからの収益という点では依然として世界のメッセージングアプリのトップである。企業のマーケティングキャンペーン用のチャット・ボット機能や最大200人のグループ通話機能など、LINEは着々と新機能を導入している(参考までに、スカイプのグループ通話は最大25人)。ホームである日本のマーケットでは、LINEはアプリ内でタクシー予約機能を提供しており、近々日本のキャリアであるNTTドコモとの契約を介して、電話サービスも提供する予定である。年内と予想されている新規株式公開で、時価総額は50億ドル以上にものぼる可能性がある。

2億1800万 月間アクティブユーザー数。
TRIの存在は世界からも注目されているんですね、ギルプラットを中心として、世界のAIの技術を採用しまくっている、この動きですね。この決断をしたトヨタの決断が凄いと、いつも感じます。
日本企業の名前が多くランクインするように、開発支援や規制緩和など、政治的支援を強化したい。
MITOが選ぶ世界トップ助太刀2は助さん角さん。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.6 兆円

業績