新着Pick
359Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
約一ヶ月ぶりの記事となっちゃいました。すいません。。。

プロリーグの発展はメディアとの組み合わせが必要不可欠です。
Bリーグは「デジタルネイティブ」なリーグとして新たに開幕します。

その裏でどんな可能性があるのか迫ってみました。
観戦者DBと競技者DBの融合、データ分析・利活用に関するコンサルチームの創設は特に注目しています。

追記:黙っているのもアレなので・・・。Bリーグ版TMBOに関する記述を以下のように修正しました。

変更前:BリーグではNBAのTMBO(チームマーケティング&ビジネスオペレーション)をモデルに、リーグ事務局が外部識者も招き入れた上でコンサルティングチームを結成し、各クラブへの助言を行う組織が設置される。

変更後:BリーグではNBAのTMBO(チームマーケティング&ビジネスオペレーション)をモデルに、リーグ事務局が各クラブへの助言を行う組織を将来的に構築することも検討中だ。

つまり、決定ではなくて「そういう方向性も考えていますよ」ということです。リーグ関係者の方とのコミュニケーションの齟齬から生じた修正です。リーグご関係者の皆様、読者の皆様、編集部の皆様、大変失礼いたしました。
川淵氏には、バスケットもそうだけれど同じJFA内のFリーグの立て直しにお力添えをいただきたかった……というのが本音です。
フットサル人口は年々増加していますが、Fリーグの興行としての価値はまだまだのびしろばかりです。

まぁ、たらればの話をしてもしょうがないので、Bリーグの規模感はFに携わる身として羨ましくもあり、とても期待しています。

個人的にはbjリーグのプレーオフファイナルの決勝を観戦しましたが、場内の雰囲気が作り込まれていてとても良く、隣に座ったサポンターのおじさんからも色んな話を聞けて、色々と勉強になりました。
あの雰囲気を見た後のBリーグなので、どう普及していくのか、いちメディアとして楽しみです。
最初からCRMシステムは万全ですね。

あとは新規顧客を開拓する仕組みにかかってくる気がします。

女子も含めればバスケットボールは日本一競技人口が多いスポーツ。

ビッグマーケットがあるはず。

ちょっと前に観光の記事で初めて来てもらうためのアプローチと、来てもらったあとにリピーターになってもらうためのアプローチは別だって記事がありましたね。
ソフトバンクのスポンサーはでかいね
Bリーグへの期待感がかなり高まる記事。ここまで進んでいるのかというのが正直な感想。プロ野球もいい加減、リーグビジネスをしないとまずいのではないか。スポーツ界にそういう相乗効果が生まれることも期待したい。
リーダーが変わるとこうも変わるものかと。
川淵さんが就任以降、注目して見ていましたが、なるほどの連発で、今後の展開にも注目せざろう得ないという物語的改革ですね。
s何処かの業界とは大違いですね。
この時期に立ち上がったからこそ色々と新しいことができるんでしょうね!
本当にBリーグへの期待感はすごい。
Jリーグも相乗効果でどんどん盛り上げていきたいですね。
バスケとスマホの相性は良い。小さい画面でも十分臨場感が伝わるのと、STATSが気になるときにすぐ見られる、1プレー毎にリプレーを切れるという観点でも、野球と同様にデジタルとの相性抜群。一方で、大きなフィールドで戦うアメフトやラグビー、サッカーではスマホ視聴の満足度は高くないだろうし、こちらはライブ・大画面での観戦に適している
裏側にはデジタルネイティヴの敏腕広報担当さんがいらっしゃるので、今後も目がはなせません。
(´-`).。oO(広報といいつつ、何でも屋さんですが。)
既にツイッター広告までフィードに流れている時点で、万策を講じ、ぬかりのなさが、目に見えます。
Bリーグの取り組みは、これまで価値が具現化されにくかったコンテンツにビジネス的アプローチを取り込む事で価値を具現化するものだと思います。
TMBO構想も大変興味深いです。
この連載について
京都パーブルサンガ、福岡ソフトバンクホークスマーケティングなどでの勤務を経て、九州産業大学でスポーツマネジメントを専門とする福田拓哉准教授が世界、日本のスポーツ組織を活性化させるビジネスの取り組みについて深堀していく。