新着Pick
367Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オーナー家が大株主の大企業に、コーポレートガバナンスは期待出来ないということ。ソフトバンクの後継社長指名問題しかり。セブン&アイも、鈴木会長の進退問題で取締役会が機能したように報じられるが、伊藤オーナー家の意向が見え隠れした。むしろ物言う株主のサードポイントが指摘するイトーヨーカドーの切り離しこそ、取締役会で議論すべき最優先課題。取締役会こそがオーナー家に対して物言う姿勢を見せるのが本物のコーポレートガバナンスを発揮する取締役会だ。
これまでのプレスリリースを見る限りは、出光がロイヤル・ダッチ・シェルから昭和シェルの33.3%の株式を今年9月中に取得した上で、来年4月1日に出光と昭和シェルが合併するスキームを想定しているものと思われるが、ロイヤル・ダッチ・シェルとの間では既に株式譲渡契約を締結しているようであり、合併について創業家に拒否権を行使されるリスクがあることを理由に株式の譲受を中止できるのだろうか。契約上その点が手当てしてあるかが気になるところ。中止できなければ、株式だけ取得して合併できず、持分法適用関連会社化するに止まるという中途半端な資本業務提携に終わる可能性もある。
今日が出光の株主総会。今日の議案は2つで取締役10名選任と、監査役1名選任で、どちらも可決。ただ、①の日経記事をみると、33.92%の持ち株比率で、今日の取締役選任にも反対している。
株価も大きく変化。出光は結局戻ったが、昭和シェルは-10%。昭和シェルのShell保有分を買い、それ以外を株式交換するスキームなどが検討されているはず(②)で、買収されないとなると昭和シェルの株価はもちろん下がる。なお、たしかスキームなどは明確に確定していなかったはず。出光の直近の6月17日のリリースはスケジュールについてだけ。
http://s.nikkei.com/297cjc8
https://newspicks.com/news/1247966?ref=user_100438
こういう問題が勃発すると、大株主である創業家が非難されることが多いです。

確かに公開した大企業は社会の公器としての側面が強いでしょう。
しかし、正式に株式を保有している以上その権利行使は正当であり尊重すべきでありましょう。
経営陣は株主から委任を受けた受任者。
軽々しく株主である委任者の悪口を言うべきではありません。

他の株主も、大株主の意向に反対であれば株を売却すればいいのです。
株式譲渡自由の大原則があるのですから。
昨年11月に統合に合意という記事があったが、創業家が反対をしだしたとのこと。
どうなるかな。
https://newspicks.com/news/1247966
出光と昭シェルの合併計画が白紙になると、出光・昭シェル連合」も誕生するとの観点でJXホールディングス(HD)と東燃ゼネラル石油の合併を審査している公取の判断位影響する可能性があるとされています。業界再編は必須と思われるものの、なかなか理性で割り切れることばかりでもなく、一筋縄ではいかないものです。
【速報】統合に向け動き出していた出光と昭和シェル。創業家が合併に反対したとのこと。

今後は両社の努力次第で収益性を高められるかが課題と指摘した記事もありました。
http://president.jp/articles/-/17285
【経済】なぜ合併に反対なのかの理由を知りたい。国内の石油精製業の現状を考えると再編・統合をしなければ生き残ることは難しいはず。
海賊の末裔である出光○○は合計30%超も保有してるんですね。これは波乱。
うーん、今年の株主総会は「揉める」パターンが多いですね…
両者の企業文化の違いは当初から言われていて、その「合併効果」も一部では疑問視されてはいましたが、当初私が「うちが子会社扱いされるのでは⁈ 」との懸念を聞かされたのは、軒並み昭和シェルの関係者からでした。

いずれにせよ、国内の石油市場は縮小する一方なので、なんとかいい形でグローバル市場を取りにいって頂きたいのですが…
出光興産株式会社(いでみつこうさん、英称:Idemitsu Kosan Co.,Ltd.)は、石油類の精製・販売などを行っている日本の企業である。創業者は出光佐三。通称は「IDEMITSU」または「出光」。 ウィキペディア
時価総額
6,687 億円

業績