新着Pick
207Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
山本昌さん、素晴らしい方でした。1時間半お話ししましたが、あと3時間くらい話したかったですね。やはり苦労している人が強くなるというのがよく分かりました。今後のご活躍を心からお祈りしたいと思います。
20年来の中日ファンとして、山本さんにはいつか話を伺いたいと思っていました。しかしここは経済媒体。ビジネスマンにも有用な話にしなければならない。そうしたとき、「生涯現役」を貫く佐山さんの顔が浮かび、登場をお願いしました。「元野球少年」佐山さんによって、山本さんの内面が引き出されます。
長く現役を続けた選手には下積み時代パッとしない人も少なくない。落合もノムさんも。その分かれ道はどこにあるんだろう。
山本昌さんは、本当にお話が上手で魅了されました。芽が出るまでの圧倒的な時間の長さ。でも決してあきらめない。誰よりも努力する。しびれました。
大雑把すぎる物言いとなってしまうが、世の中には2種類の人間がいると思う。1つは「生涯現役」でいたい人、もう1つは「アーリーリタイアメント」を楽しみたい人。生涯現役派は、現実に幾つまで働きたいだろうか? 60代はまだ洟垂れ小僧、70代も若造と言う人もいる。そして仕事をしながら頓死することを夢とする。そのときを仮に80歳とする。いっぽうのアーリーリタイアメント派は、いつまで働き、幾つでリタイアしただろうか? 早い人は40歳で悠々自適になりたいと思うようだ。ちょうど人生の折り返し点のあたり、「もはや若くない」とひそかに感じ始める時期でもある。40歳と80歳のふたりは、共に「若さ」を意識しているのが面白い。それは現代社会が「老成」(Natural Agingを前提に、経験・年功を積んで達する円熟)を評価しないことと関係していると思う。ちなみに、僕は生涯現役派です。
佐山さんの「今は常に、10年後よりも10歳若い」は本当に名言だと思う。個人的に相当ささっています。
これは楽しみな対談ですね。
KINGカズ、イチロー、葛西紀明など、年齢を超えた活躍を見せる選手が目立ってきましたが、色々と共通点がありそう。
NPは、商売上手です。
なかなか有料会員を止めさせてくれません。
また暫く楽しむことが出来ます。
愛知県生まれとしてはとても嬉しいです!大好きな投手でした。
「何歳になっても10年後よりも10歳若い」このフレーズとてもいいですね。学びがあります。
営業の世界でも単年度で凄い成績を残す人間より、継続して10、20年と一定以上の成績を出し続ける人間がプロと呼べるところからも、佐山さん・山本さんのように、他の人と比べて長期に亘って大活躍される方から得られるヒントは大きいと思います。連載期待してます!
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。