新着Pick
775Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
今後も増えていくだろうか?個人的には服のレンタルは上手く使いたいな、と思うところではあります。
人気 Picker
「頒布会」「定期購読」というとどうしても(既存サービスの印象から)売りつけられる感が強い。サブスクリプションというと、なぜか「打ち切れる自由」みたいな雰囲気があるし、ずっと買わされる感よりも、キュレーションされている印象もある。

たぶん、気のせいですね(笑)
勝手に選んで送りつけるサービスは、化粧品や服のように「まずはお試しを」って商品との相性が良い。商品プロモーションとアンケートが同時にできるのはメーカーにとってもメリットだし、安定収入が入るのは運営にとって有り難い。
ただ、倉庫、在庫、運賃、人件費負担が大きいため、損益分岐点まで会員数を積み上げるのが至難の技。結構な資金調達ができないと、途中でパンクするのでご注意を。
業者の方としては一定期間利用してもらうことによって利益が出るシステムなのでしょうね。
おそらく、2、3回で解約されたら赤字になるのでしょう。

長続きしてもらうためには「解約しようかな」と思った頃合いに感激する商品を送ることです。
解約率の高い回数などのデータを駆使しているのでしょうね。

トータルで考えれば消費者にプラスになる場合が少ないので、それを補って余りある「今度は何がくるかなー!」というドキドキ感を演出できるかがポイントになるのではないでしょうか?
AdobeやMicrosoftなど、サブスクリプションで再活性化している企業は多い。サブスクリプションは今っぽい課金方法。サブスクリプションは、自動化であり、レコメンドであり、新しい価値提供になる。本当に満足度の高いサブスクリプションサービスが生まれると生活と習慣は大きく変わる可能性がある。
ファッション系サブスクリプションサービスって、一瞬、5年前の記事かと思いましたよ。
すっかり浦島太郎気分ですが、日本で来てるのかしら?
キュレーション力とコーディネート力の2つが、ファッション系サブスクリションサービスの重要要素。

日本だとアースミュージックエコロジーがメチャカリというサブスクリションサービスに挑戦してました。こちらは上手くいっているのでしょうか?

個人的にはワインのサブスクリションサービスを使ってみたい。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/05/post-5047.php

サブスクリションサービスは、ワイン、コーヒー、オーガニック食品などの嗜好品に向いているような気がします。

支払い携帯が月額or年間でが当たり前になれば、日用品もサブスクリション型が一般化するのではと思います。
日本でファッション系サブスクリプションは少ないのでこういうのが入ってきてくれると嬉しい。
ファッションレンタルサービスも乱立してきたら、ブランド集めて貸し出すだけじゃ付加価値低くなるね。

「スタイリストが選ぶ」も後発がやってきてるし、結局独自ブランド持ってるところが残りそう。今はそんなフェーズじゃないけど、最終的にはどう顧客を囲い込めるかだよね。
こだわりがない、遊び心あるものぐさが利用するサービス。
Unlimitedはちょっと使ってみたいな。

日本のファッションサービスは、切り口は違えど結局扱ってるブランドは同じというのが多いので、新しい出会いを生み出すファッションサービスは作ってみたい。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
11.6 兆円

業績