新着Pick
301Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
予想通りきついですね。去年は駆け込みもあり黒字でしたが、今期が正念場。マッキントッシュはいきなりの展開にしては店舗展開できましたが売上がついてきてないんでしょうね
【2月コメント転記】
とはいえ、年の半分はバーバリーが寄与し、しかも駆け込み需要まであっての数字のようなので、本当の正念場は今季。三陽商会も、先日ファンド傘下に入ったイトキンと同じで、百貨店比率が高い会社。相当なピンチでしょうね
マッキントッシュは、マッキントッシュフィロソフィーを以前購入しましたが、もう何年も新しい物を買ってませんね…。マッキントッシュというと、ゴム引きコート一本のイメージです。ただ、元々の値段が高い上に、日頃のお手入れも安くない。バーバリーよりも対象層はかなり狭まりますね。
ライセンスビジネスの難しさは、僕も他の投資先で身に染みています。進も地獄、引くも地獄になりがち。身を縮めて頑張るしかないです。三陽商会の健闘をお祈りします。
日本人女性のバーバリー、トレンチコート信仰は凄まじい。そういう自分も持っているが。。
マッキントッシュのお店に行ってみたけど、…なことが多いなぁという印象。
バーバリーをカバーするのはそんなに簡単ではない。想定通りですね。250人のリストでこれからもジリ貧にならないか心配です。マッキントッシュがバーバリーまで育てば別ですが。
アパレルは高粗利ビジネス。本来相当の販管費を掛けられる筈だが、赤字なのはバーバリースペックを引き継いだ店がでかすぎるんじゃないかな。店を小さくして、その費用の一部をブランドのプロモーションに使うべき。
マッキントッシュなるブランドの店に入ったことがない。つまりデパートに服を買いに行かない。路面店にも入らない。いつの間にかそうなった。で、かねてより問題にしてるのは、アパレル業界の顧客管理システムの酷さ。未だに紙ベース。上顧客のデータが一元管理されてないどころか、ブランド別になっていたり、そのブランドが廃止されたら放置。その後の販促やマーケティングに活かされることはない。化石のような業態。
http://www.mackintosh-philosophy.com/mens/lookbook2/
総じて国内ライセンス系アパレルは、セレクト系アパレルとファストファッション系アパレルの間にあり、どう対抗するかの方向性が見えていません。
ブランドを失った企業再建の難しさ。代わりのブランドはすぐには育たない。じっくり再建の為に構える企業体力が必要。
株式会社三陽商会(さんようしょうかい)は、東京都新宿区に本社を置くアパレルメーカーである。販売網は百貨店が主体であり、自社ブランドに加え、海外の様々なブランドともライセンス契約を結び販売している。 ウィキペディア
時価総額
115 億円

業績

業績