新着Pick
184Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
前回はオフィスビルの市場動向を中心に、総合ディベロッパーについてまとめたので、今回はオフィスビルに必要なオフィス家具市場について書きました。

記事で書いた以外に、大手のオフィス家具事業者は、アジア中心に海外展開も図っており、規制なども違う海外においてどのように戦略をたてていくのかも注目である。日本のノウハウを活かし、安全性を軸に機能性を付加価値とする製品が増えていくのだろうか。
オフィス空室率が5%を切る低下期にある今、オフィス家具市場も拡大期。
ベンチャーなどが取り上げられやすいですが、大手企業や研究所などにもポップな空間設計が増えています。
実例はこちら
http://www.kokuyo-furniture.co.jp/solution/
http://o-design.okamura.jp/categories/enterprise/

今後需要者、デザイナー、製品供給者(製造/卸)を1つに結びつけるネットサービスなどが出てくると、さらに競争が激しくなりそうです。
オフィス向け製品を手がける事業者は、環境構築、トータルのソリューション提供という方向性が強まっていますね。内田洋行など教育現場向けに供給してきた事業者は、教材、機材の提供だけではなく教室のICT化など空間デザインにも取り組んでいますし、プリンタのMPSなども同様のトレンドかと思います。
オフィス家具の業界的には2,200億円くらいで微増傾向なのですね。座りっぱなしが健康に良くないという認識が広まれば、机の高さが変えられるスタンディングデスクがヒット商品となり、それを期にオフィス家具の買い替えが起きるかもしれませんね。
会社にオフィス家具メーカーからコンサルタントの人に出向して来てもらっていた。
オフィス家具などで生産性が結構変わると思う。事例をよく知る一人のアドバイスは有益でしょう。
この連載は非常にわかりやすくマーケット感覚を磨く為に活用させてもらってます!

働き方が多様化してくる中で、オフィス家具メーカーに求められてくることが変わってきている。
健康経営の要素も絡んでくるのは新しい気づきでした。ヘルスケアテック企業とオフィス家具メーカーのコラボは近いうちに出てきそうです。

単品販売は、アマゾンや楽天などの大手ポータルと戦っていく厳しさがある。

2020年までは伸びが見えているマーケットなので、そこまでに海外市場展開の準備は必要になってきそうです。
以下のポイントを実現するためには業務形態で優先順位と実現方法が異なる。また一つの施策で複数のポイントを実現出来るため、ただ他企業を真似るだけでない施策を進めることが大事。
====
オフィス環境において従業員の健康を保持・増進する行動は、快適性を感じることや、コミュニケーションすること、休憩・気分転換すること、体を動かすことなど、7つの視点
SCSKの取り組みは興味深いです。
株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア
時価総額
812 億円

業績