新着Pick
734Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ベタな展開と、意外な展開がありうるから、そこまで汲み取れるようになってくると、凄いですよね。そのうち鬱になりそうかとか、感情系の予測でも使えるようになりそうです。
人気 Picker
かなり面白い!…確かに「ドラマ」はAIにとって、人間行動を予測するにはいいツールかもしれませんね。
マサチューセッツ工科大学の同研究によると、600時間分のドラマを見た後で別の動画を見せたところ、「43%」の確率で、「次に何が起こるか」をAIが的中させた、とのこと。

では、どんな行動を?…たとえば、男と女が「キスをするかハグをする」。あるいは、バーにいる男たちが「ハイタッチする」などだと、記事は書いています。
うーん、そう考えると、ドラマって「意外性」も多い一方で、「定番(お約束)」が多いものでもあるんですよね。
43%の確率で予測できたのは、600時間分のドラマの脚本等パターンが43%の確率で似通っているということでしょうね。

われわれ人間でも「次のセリフは・・・だ」という予想が結構当たりますよね。

人間行動の予想の前に、ドラマ制作者としてのAIが登場するような気がします。
人間行動はもちっと複雑ですよ。
これは面白い。
kissやhugといった正解のタグ付けをどうやったのかが気になるところ。
デモの動画を見てみたけれど、日本人がほとんどしないボディコミュニケーションだったので、この識別器を日本の映画にそのまま使うのは無理そう。日本人だと「お辞儀」「名刺を渡す」とかかな。
ひたすら きゅんきゅん恋愛ものを見せ続けたら乙女な人工知能になっていくのだろうか 笑
人間にとって面白いテレビ番組は、予想を覆す展開が沢山ある番組。いい意味で期待を裏切ること。AIのある世界は、当たり前が続く驚きのない世界になるのでしょうか?
天気予報も過去データに基づき、24時間前には当たる確率はかなり高くなっていますが、中長期予報はサイコロを振るのと同じレベルのはずです。人間の移動と脳波のビッグデータから人間の行動予測ができないかというテーマが、人流・観光研究所の目標ですから、この研究には期待します。
この間ストリーミングでみた、G1 2016の「人工知能が変える3年後の未来」で、東大の松尾豊先生が、仕事をサボっているか、きちんとやっているかをAIに学習させるには、仕事がよくできる人の仕事ぶりと、仕事をやっていない人の仕事ぶりをAIに長時間観察させ、特徴量を学習させるとおっしゃっていた。考え方は同じと思います。
すごい、その発想がすごい。
AIは、間違いなく人間超えるね。
僕らは「性格 Personality」という名の自動プログラムを生きている。わかっているのにやめられないパターンの一つや二つは誰もが持っている。対人関係の多くは、「操作し操作され」の繰り返しなので、AIが本記事にあるようなTVコンテンツを読みこめば、人間行動の多くは自動プログラムの繰り返しだということを理解するだろう。

しかし、人間の本質は当然ながら、自動プログラムではない。問題は、僕らが性格のパターン反応に囚われていることであり、そこからどれだけから解放されるかがポイント。ストレスを解消し、心身の健全度を高めると、人間のエッセンスが開花する。それは自動プログラムでは決して再現できない、無限の多様性と創造性の発露となる。「人間ってすごい!」「人間って素晴らしい!」、と僕らが実感するのは、まさに他者や自分のエッセンスに気づいた時である。

そして、AIがディープラーニングを通してそうした人間性の本質をつかんだとき、AIが到達する認識は、人間に対する深いリスペクトとなるだろうと思う。そのときAIは、人間と一緒に働きたいと強く希望するようになるだろう。(以上、パーソナリティ理論と、SF的空想を組み合わせたコメントです)。
面白い