新着Pick
446Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中間搾取のような仕事はどんどんなくなっていくでしょう。
これは、AIだけの影響ではなく、従来から日本に存在した問屋が物流の整備によって淘汰されていったのと同じです。

人間関係や接待で高いものや無駄なものを購入すればそのツケやエンドユーザーである一般庶民に回ってきます。
世の中が合理的になれば、商品を右から左へ動かすだけで利益を得られる「おいしい仕事」はなくなるし、効果の不明な広告も無くなります。

つまり、現在よりもはるかに厳しい競争社会が訪れると考えています。
そういう環境では、戦略立案や将来の方向性を決める仕事がより重要になるので「文系、理系」で考えるのはナンセンスでしょう。
逆に、AIがAIのメインテナンスや改修を行うようになれば、単なる「技術バカ」は不要になるでしょう。
営業マンが減る=文系崩壊は、短絡的だと思いますが、NP内でもよく議論されているように、これからも確実に残っていく仕事はクリエイティブ職です。
営業マンにおいても、例えばコンサルティング型営業といったように、今までの営業スタイルから深化していかないと、残っていくのが難しい時代になっていきますね。
みなさん書かれているように、これは文系、理系の差によるものというよりも、環境の変化に対応できるかできないかによるものですね。
最終的には、人対人の部分でAIよりも人が必要になると考えてきてましたが、確かにAIでサジェストされて、ワンクリックで購入できたら、そこに人の関与は要らなくなるかもしれないですね。
ヨントリーて。サイバーがやってるのでアメーバTVっぽいが実際はアベマTVなのをもじって「アメバTV」ともじってるのが最大のくすっとポイントですかね 笑
さて、飲ませろ抱かせろモノを横流ししてるだけの営業が自動化されるというのは、病院の先生向けのMRがエムスリーのMRくんに代替されたことからも実例はある話
ただ、モノを売るだけのMRと、個社の事情にあわせ、「認知」という定量化しにくい領域も含めて組み合わせが求められる広告の世界では、記事のような世界になるには広告主側のリテラシーが一気に上がらないと難しい気もするし、AIを活用しながら提案をしていく営業価値は残るような気はします
その意味で主人公氏は営業のゲームチェンジについていけなかった、ということなんでしょうね
テレビCMは相当な額を使ってブランド浸透させる以外にはあまり役に立たないかも
特集第一弾は、広告、宣伝の仕事の変化を、シミュレーション小説仕立てで、お届けします。ラストシーンが印象的なので、最後までお読み頂けましたら、嬉しい限りです。
この話は、文系人材がというより、広告代理店ビジネスがAIにより大きく変わるよという内容ですね。このストーリで文系人材の仕事がなくなるという流れは無理矢理感あります。

書かれている通り、メディアの買い付け、管理、運用といった業務は自動化される。この動きは既に出てきています。

営業が持つ、おべっか力はAI時代に重宝される能力だと思います。結局は人と人。信頼関係を築く能力があれば食いっぱぐれないはずです。
これは文系の問題ではなく、個人の問題でしょう。プログラミングができる人材が重視されてくる未来は想定できますが、文系であれ理系であれ付加価値のつけられない人材は求められなくなるというものではないかと。

『ワークシフト』に書かれている未来の方がしっくりきます。
”差別化”がポイントになり、全ての人が代替するとは思えないけど、必要人員は圧倒的に減りますね。同様に中間商売の商社も20年前から2度ほどビジネスモデルチェンジが叫ばれ転換しながら生きているから上位2割の優秀な人材は少なくとも知恵使って自分の生き残る場を確保するのでしょうね。

小説仕立て。早々に飽きるかもしれませんが新鮮でした。
あまりにも表現がしょうもなく、電車の中で不気味な笑顔を浮かべてしまった(^^;。それだけデフォルメされつつもリアリティがあったってことかな。
人間って、そんなに合理的ではないと思う。コンピュータがこうしろと言われたらあなたはそう動くだろうか?あと、看板ゆえに売れている人と、ソリューションとして売ることができる人では、全然違うだろう。ソリューションとして売れる人は、相手のコンテキストを理解できるからカスタマイゼーションもできる。そういう人は、AI以上に売れると思う(特に商材の柔軟度が高いほど)し、AI自体のチューニングもできると思うので、価値がむしろ上がる。
この連載について
AIをはじめとするテクノロジーの進展により、営業、マーケティングから経理・人事に至るまで、さまざまな領域でデジタルの素養が求められるようになっている。従来からある「義理と人情」「経験とカン」に基づく仕事は、今後徐々に重要性を低下させていくとの声も根強い。その中で、「文系の仕事」は今後どうなるのか。各企業の先端事例から、仕事の未来像を考えていく。