新着Pick
165Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
みなさま、たくさんのPickをありがとうございます。今回選んだ三冊は中原淳さんの「会社の中はジレンマだらけ 現場マネジャー決断のトレーニング」小島慶子さん、田中俊之さんの「不自由な男たち」、社会学者の手による「結婚と家族のこれから 共働き社会の限界」の三冊、いずれも仕事と家族、男と女の現在の状況についての本です。

政府でも『働き方改革」が叫ばれていますが、働き方改革をすればするほど、それは会社だけの問題ではなく家族にも波及する。「テレワークを推奨したら若い男性社員が奥さんに家にいないでと言われた」という人事の悩みを聞いた事があります。

会社が働き方改革をすると彼の家庭の形が変わらざるをえないという良い例ですね。

また会社が労働時間を厳しくコントロールして無駄な長時間労働をなくすと社内の出生率も上がる例もあります。

今さまざまなものが変革の時期でありますが、コメントを読むだけでも「変わりたい人」「変わらない方がいい人」がいることがわかります。どちらが良い悪いではなく、またその人の中にも多様性があります。自分はどちらなのか、どの部分にたいしては「変革」でどの部分にたいしては「変わってほしくない」と思うのか、そんな自分の立ち位置を考えながら読んでいただきたい三冊です。
ネガティブに考えればキリがないです。

「仕事」ばかりに責任感を背負わされる日本の風土を変えるいい機会ではないでしょうか?
私は体を壊して仕事ができなくなったことで、幸か不幸か子育てに専念できるようになりました。
日本人的価値観からすれば気の毒な男だったのでしょうが、本人はいたって幸せでした(笑)
なんとか生活できさえすれば、人生の楽しみや生きがいは仕事以外にいくらでもありますよ。
残業しなければいけないビジネスには必ず問題があって、その問題を解決することが出世の近道になるし、それも飛躍的な出世に繋がる、という名言を残し、本当にスーパー出世した方がクライアントにいました。
初めの立ち位置を間違えると、悲しい事例集のようになってしまいます。
「問題意識」を持つことは大切で、声をあげることも大切。
でも一番大切なのは、解決と希望を持つよう、呼びかけること。
これらの本が、ここまで踏み込んでくれているといいですね。
「日本のように資源が無い国は、どこの国よりも働かなくてはならない!」をお経のように唱え続け、家族ないがしろに働く事を押し付けてくるからな。たいがいがね。