新着Pick
176Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本のエネルギー保障を如何に確立するのかも含めた議論が必要ではないか。現在のように原油需給が緩んだ状態が未来永劫望めるべくもないことは明白だ。わずか10年前がどの様な状況であったを思い起こす必要がある。
大量の電気を蓄える2次エネルギーとしては水素には可能性がある。インフラ構築と技術革新を引き起こす産業政策は資源の乏しい日本には有効なものではないか。
インフラ構築を要しないエタノール改質型のFCVには水素グリッドを構築しようと挑戦する日本の国策へのアンチテーゼにも等しい。日産が従来型水素燃料電池車開発を凍結した事実に驚きを隠せない。
2000年代に、南米がエタノールブームに沸きその後急速に下火になりました。
燃費効率の高いガソリンの価格が下落したからだったと記憶しています。

今回の日産車の燃費コストはどうなんでしょう?
水素エネルギーもそうですが、コストが下がらないと車は普及しません。
地球に優しいという理由で多くのお金を出せる人はたくさんいませんから。

昨今のガソリン安で、アメリカで大型のガソリン車が売れるようになった事実が証明しています。
ただし、バイオエタノールは食用との競合という問題もあることは重要です。ブラジルのサトウキビ生産量は7億トン以上ですが、全生産量の約45%がバイオエタノール向け。2020年代前半には食用を上回る見通しとなっています。

http://www.fao.org/3/a-i4738e.pdf
※Figure 2.13. Allocation of sugarcane between ethanol and sugar production in Brazil
なんでこんな中途半端なモノを作るんでしょうか?

元々発電や製鉄の副産物として出る水素を活用した社会的な水素循環システムの構築構想が前提としてあって、FCVがあるバズです。

それをわざわざバイオエタノールを水素に変換して走るFCVとか(本文にキチンと説明されている通り、この車はバイオエタノールを燃やして走る訳ではなく、水素に変換して走るのです)、単に走行距離は多少長いけど燃料変換効率の悪いEVくらいの意味しかないでしょう。

本当に実現できるかどうかはともかくとして、水素社会の実現は日本の技術的優位を活用して、全く新しいエネルギー体系を構築する国家戦略の一つです。

遠大な戦略に沿うわけでもなく、かといってユーザーフレンドリーでもない車種の開発は、無駄としか思えないのですが。
執筆者の鶴原さん(日経Automottive誌・前編集長)の言うことは、技術面では正論。ただし、FCVの現場取材を続けている者として、日産のこのやり方は、企業のあり方(国の政策との調和)の観点で、極めて大きな違和感を持つ。
これは、オールジャパンで進めようとしている、水素社会の構築に対する「逆撫で行為」である。
経済産業省・資源エネルギー庁が、この日産のやり方を「認める」のならば、
水素インフラを拡充する「水素社会構想」なんて、とっとと撤回してしまえ。
そうでないのなら、国は日産に対して、従来型を含めたFCV量産計画の維持を
「指導」するべき。
国は、水素インフラの普及について、苦心している関係者の方々、そして水素インフラ導入について熟慮しているガソリンスタンドオーナーの方々に対して、日産の案件が及ぼす今後の影響について「説明責任」がある。
このままでは、燃料電池車が再び「死の谷」のなかで死ぬことは明らかだ。
先日報道(下記①・②)があった日産のバイオエタノール活用したFCVについての記事。やはり温度がキーで、下記②では素材が今後の課題とあったが、それに加えて初期の温度を上げるまでの時間が課題。一般車両ではなく商用車両に向けて開発するという方針は、その観点で合理的に見える。
https://newspicks.com/news/1608173?ref=user_100438
https://newspicks.com/news/1611196?ref=user_100438
興味深い記事だ。

「FCVは環境に必ずしもいいわけではなく、燃料インフラの整備にはコストがかかり、ユーザーにとっては燃料補給が不便で、車両価格が高く、トランクルームは狭く、しかも維持費の面でもメリットのないクルマということになる」と、FCVに懐疑的だが、「ところが、今回日産が発表したバイオ燃料を使うFCVは、こうした水素を使うがゆえの課題をかなり解決できる可能性がある。」として、丁寧に解説している。

しかし、「燃料電池の性能向上・コスト低減とエンジン効率の向上のどちらが早いかが勝負を決するわけだが」、「エンジンと燃料電池の勝負は最初からかなりハンディキャップがあるわけで、燃料電池とエンジンの効率の差が相当ないと、代替しようというモチベーションは出てこない。最近のエンジンの効率の向上を考えるとこの勝負、かなり燃料電池の分が悪い」と感想を述べている。
まとめると、燃料電池車は電気自動車のライバルである以前に、ガソリンにすら勝てない。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
2.91 兆円

業績