新着Pick
483Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
下記でFacebookとLinkedInの歴史を振り返った記事がありコメントした。そこで一個書かなかった点として、業務プロセスへの入り込み方。Facebookは完全にメディアパワーを得ているが、例えば若年層ではSnapChatが普及してきたりなどがあるし、過去を振り返ってもコンシューマ向けはシェア変化が大きい。
一方で、LinkedInは少なくとも海外では採用という点では業務プロセスに入ってきていると思う。その観点で、ライフタイムバリュー考えた時の時間軸という観点では、むしろ今後強くなっていくかもしれない。MSが現在においてもこれだけ強いのは、Officeなどが業務プロセスに入り込んでいるからなわけで。
https://newspicks.com/news/1610217?ref=user_100438
当然ですけど、SNSにおいてビジネスフォーカスでナンバーワンを取りに来ますねよ。何でシナジーを生むのか、今更msnのメールは連携しないでしょうし、アジュールなどもBtoBに寄り過ぎているので、クラウドサービスと何で連携はパッと思いつかないですね。ただMicrosoftの資産は膨大なので何をするのか楽しみです。
FBと違ってビジネスパーソンしか利用できない(敷居が高い)のと、英語というハードルがあるので、日本ではFB並みになるのは難しいと思います。

これはこれでDirectに仕事の話とか来るので、個人的には好きですけどね。過去に、アフリカの銀行から「うちに興味ないか?」とありがたいお話を頂きました。あと、ビジネススクール時代、FBのアカウントは持っていないけど、LinkedInのアカウントは持ってる、って人が結構いました。海外では意外とこういう人が多いのかも。
具体的な方法については何ら触れられていないのですねー。

今のままじゃ、フェイスブックに太刀打ちできません。
今後の動きを期待しています。
日本においてはともかく、マイクロソフトは40兆円もの時価総額、純利益で1兆円を越している。数千億円規模のシナジーを生み出さないと新規事業とは言えない。
リンクトインの買収でマイクロソフトはフェイスブック並みのビジネスネットワークになれると。それも数年以内に。結構ハードルは高いような気もする。
できるかなぁ。。
ビジネスネットワークというのはMicrosoftが買収する前からLinkedinが目指していたので、全く新しい話ではない。具体的な話はまだ秘密かな。Facebook並(の規模)という点が新しい話だとして、ビジネスに絞った段階でほぼ不可能では。
下手に自社サービスに統合しなければ上手くいくような気がします。Linkedinの場合はネットワークよりもメディアとしての位置付けが強いように思うので、今後はメディアとしての独立した特性をうまく生かすことができれば、マイクロソフトにとってもシナジーが生まれるような気がします。

下手にサービスの機能を移管するようなことをすれば、失敗すると思います。
非常に興味深いですね。満を持してという感もあります。日本で起業家が出てこないのではなく、育てられる環境、先人、指導者がいない事に繋がるこのニュースですね。
楽しみです、非常に。
LinkedIn(リンクトイン)は、2003年5月にサービスを開始した、世界最大級のビジネス特化型ソーシャル・ネットワーキング・サービス、及び、同サービスを提供するアメリカ合衆国カリフォルニア州シリコンバレーの企業。2014年8月現在の登録ユーザーは全世界で3億1300万人を超え、日本では、現在100万人以上が会員登録をしている。 ウィキペディア

業績

マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。 ウィキペディア
時価総額
150 兆円

業績

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
72.1 兆円

業績