新着Pick
411Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
iPhoneの進化が止まってしまったのでは?と言われる中でかなりインパクトのあるデザイン。アップル新本社の設計と同じく幾何学的にも一歩進化した形かもしれないが使い勝手は?
https://newspicks.com/news/1611690?ref=user_848263

前から出ていたが、これの前半が、ガラス筐体かな。ガラス筐体の狙いが今一不明だったが、これでしっくりきた。これまでいわれてきたのは、キラキラ光る高級感、アルミではダメな無線給電だが、この特許を、まずガラスで試して、その上で、将来のフレキに生かしたいのだろう。
アップルは、筐体のイノベーションが凄い。
人間もスマホも外見が全て。外見は、防護保護だけでなく、UIにもなる。
人間もそう。
いくら有機ELでもここまでは曲げられない。斬新ですが、はて、使い勝手は?
たのしみだねぇ
特許の内容について記事が触れていない点。これには関連特許①があって、①の請求項1は、視覚的表示とcooperativelyなビジュアルコンテンツの表示が、二つのフレキシブルデバイスを透明体によって構成すると言うもの。実施例には当然のように、、透明体はガラス、フレキシブルディスプレイはAMOLEDとあります。筐体の課題は実用性の課題が大きいとしても、一枚のフレキシブルディスプレイを巻いて作らない事を考えると、一歩前進と言えるのではないでしょうか。

この記事の特許②の請求項は、①に関連して、二つのフレキシブルディスプレイとプロセッサーの構成に関するものですね。外観や機能に関する内容は。①と変わらないように見えます。

iPhone、関係者の新製品情報暴露と特許以外は、そろそろネタ切れですかね?

https://www.google.co.jp/patents/US8665236
https://www.google.co.jp/patents/US20150212784
面白そうですが360度覆われると机の上に置くときに気を使いそうですね。こうなるともはやケースも透明で加圧式でないとダメでしょうね。
枠という概念が無いディスプレイ。携帯だけでなく、テレビ、ゲーム画面、時計などインターフェース型のいろんなものに応用できる発想と着目点になり得る。
ケースの選択が迷いますね。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
102 兆円

業績