新着Pick
239Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
自動運転のためのAIではなくて、自動運転者の中で、対話するためのAI。
人気 Picker
足回りが快適になりそう。
社会性が高く、シンプルでフレキシブルなところが良いですね。Olliが、「私は、車以上のエコシステム」と自己紹介しているページがかわいいです。http://meetolli.auto/#4thPage
IBMのIoT 2.0のPRグッズといった印象が濃い。Local Motorsは、アリゾナ本社含めて取材したことがあるが、基本的に「何でも屋」。3Dプリンター技術も自社技術ではなく、実態は米国立研究所が提供しているだけ。また、アメリカでバスは「貧乏人」が乗るモノ。特に町中では、観光地を含めて、その傾向が強い。筆者も最近、アメリカ各地で公共機関を「トライ」しているが、その実態に改めて驚いている。本件、自動運転ブームのなかでの、企業宣伝の域を超えず。
自動運転ではなく、乗客とのコミュニケーションをできるバスということで、観光地などで活躍しそう。3Dプリンターの利用で生産されているのでコストも削減され今後が楽しみなプロジェクト。
面白い
乗客と会話するバス!
なんとも温かみのあるバスですね(^ ^)
乗車体験を改善することにWatsonを使う。
やるなWatson
ローカルモータースは親友が博士研究で参与観察していた企業。こうしたスタートアップがテクノロジー企業と連携して、大手自動車会社ではカバーできないニッチを丁寧にさらっていくというのが、電動化、メガサプライヤー、知能化の進んだこの業界の一つの側面。
大小関係なく企業が得意分野で連携して前に進める良いアメリカ文化かと。日本だと大企業が自社開発に拘ったりするのでスピード感が違う気がします。
自然な会話ね、、、。
スマホで検索のほうが多分早いけど
面白い試みです
話題づくりですかね
自動運転とは関係ない
IBM(アイビーエム、正式社名: International Business Machines Corporation)は、民間法人や公的機関を対象とするコンピュータ関連製品およびサービスを提供する企業である。本社はアメリカ合衆国ニューヨーク州アーモンクに所在する。世界170カ国以上で事業を展開している。 ウィキペディア
時価総額
11.0 兆円

業績