新着Pick
458Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
とても残念な発言。指摘しているような、下請けがそのまま横流ししているなどで、ノーブランドだけなものもあろう。でも、それはブランドを構築するためにかかった努力・コストへのフリーライドであり敬意が感じられるものではなく、決して擁護できるものではないどころか、撲滅が必要。また、そういったものだけでなく、ブランドくっつけただけの粗悪品もあろう。本質は、それらをなくすことであって、その本質から逸れた発言を彼の立場ですることは、違和感しか感じない。
「優良」とかの問題ではないでしょう。とても残念な発言だ。「模造品帝国アリババ」と言う記事もある。⇒ http://forbesjapan.com/articles/detail/11058/1/1/1
5年以上も前のこと、中国の某市のマーケットでこんな解説を聞きました。模造品にはA、B、C があり、A級は「本物」です。材料から造りまですべて本物で、違うのは後から貼り付けるロゴマークだけ。そこだけは「模造」を防ぐため本国で仕上げられるから。
真偽のほどは分らない、と思っていましたが、やはり真実だったのか・・・ それにしても、こういう立場の人が模造が齎すイノベーションへの悪影響を一顧だにせず、模造こそイノベーション、と言わんばかりなのには驚きです。世界のルールが変わってしまう・・・
「模造品の多くは」ということなので、少なくとも紙おむつや生理用品は除外されていると理解します。質は雲泥です。
解釈が難しいが、少なくともジャックマーが模造品を是と見ているわけではない

インタビューのフル議事はいまは見つからなかったが、ブルームバーグ記事見る限り、ジャックマーは「アリババは模造品と最も戦っている企業」とまず言った後、「実際には、ブランド品(本物)の製造の多くは長いこと中国にアウトソースされており、なまじ本物を作る技術自体は持ってしまっている」と言っている。
つまり問題の本質は、こうしたアウトソースだらけのビジネスモデルにあるのでは?という問題提起にもみえる。
Alibaba’s Jack Ma: Better-Than-Ever Fakes Worsen Piracy War
http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-06-14/alibaba-s-ma-fake-goods-today-are-better-than-the-real-thing
僕の知人の共産党幹部の方も、10年前から正規品を買う必要なんかないと言ってました(笑
技術者やデザイナーが、時間をかけて一生懸命考えた、本物製品の技術やデザインを、偽物は何の労力もなしにパクるのだから、安価に製造できるのは当たり前。

もちろん、社会全体における技術やデザインのレベルを上げるためには、優れた技術やデザインを「パクる」(というよりも「模倣」による一般化)という行為が必要なのは分かりますが、それを何の制限もなく認めていたら、誰も発明・創作意欲が沸かなくなってしまいます。

また、ブランド(商標)についても、本家ブランドが意図しない機能・デザインが付加された製品について使用されれば本家商標の稀釈化を招きますし、粗悪品について使用されれば本家ブランドイメージが汚染されてしまいます。

そこに、知財を保護する必要性があるのではないでしょうか。
おそらく文脈が誤って伝わっている。あくまで事実を解説したうえで懸念を表明しているはずが、わかりにくい文章構造で、あくまで本人が模造品を推奨しているかのごとく捉える記事構成となっている。狙ってやっているならば、悪意がある。不作為でこうなっているならば、訳者/記者としてスキル不足の可能性。
本物の品物・本物のブランドよりも良い品質、というのはほとんど見たことがないです。

実際には、(a)ライセンスを受けている工場の横流し品か、(b)全く別工場で作られている完全な模造品か、のどちらかが多いわけですが、
(a)の場合には、ある意味同じ工場で同じ環境で作られているわけなので「本物と同じ品質」と言っていいモノが出回っています。
しかし、これはライセンス外のものになるためその意味で違法ですから、それを知って販売するのは当然NG。

これに対して、(b)の模造品は当然ながらそもそもライセンスも何も受けていない工場が作っているわけですから当然違法です。
そして、それが「本物の品物、本物のブランドよりも良い品質」ということはほとんどないでしょう。単に生活する上で「気にならない程度の品質の差」ということは往々にしてあり得ますが…。

本文より引用
「ジャック・マー氏は、『問題は、今日の偽造品が本物の品物、本物のブランドよりも、より良い品質で作られ、より安価で売られていることだ』と述べ、そして『それら(偽造品)はまったく同じ製造環境、まったく同じマテリアルで製造されているが、ノーブランドなだけ』と続けた。
他の国のプラットフォームと比較すると模造品、偽造品、横流し品がまだまだ多いのは事実。プラットフォーム側も消費者意識も両方まだまだ国際感覚と比較すると課題。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績