新着Pick
215Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
CO2排出量を抑制するCafé(企業平均燃費)向上と、排気ガスも温室効果ガスも一切排出しない車両を一定比率で販売を義務付けるZEV(ゼロ・エミッション)の大きく2つの規制が同時進行する。問題を解決できる単純なソリューションなどなく、そこに少しでも接近できるよう、様々な技術を積み上げていくことが必要だ。
HVからPHVにシフトするという論調より、コンベンショナル(普通)のエンジンは今後も益々HV化が進み、その上に、電気で走行する航続距離の長いPHVの新しいセグメントが生まれていくと考えることが正当な考え方であろう。
将来的に、マイルドも含めて、HVとは普通のクルマのことを意味することになる。「プリウス」はHV普及の大きな役割を果たし、今後も一般車両のHV化の推進役であることは変わりない。
自動車パワートレインの次の100年の鍵は『電化』が握る。テスラの「Model 3」の様な新種も生まれるが、「プリウスPHV」は電化へ向かうクルマの「正常進化」の第一歩なのである。
ハイブリッドがZEVから外されたことに対する窮余の策でしょうか?
トヨタは明らかに燃料電池車路線を走っています。
安易に、EVには路線変更しないでしょうね。

もっとも、世界標準がEVになったときのことも想定しているでしょう。
トヨタとしては、正直、「なんでPHEVが売れないのか?」と相当悩んだ。
本来は、もっと早く、HEVからPHEVへの「市場移行」をしたかったトヨタ。
EVは「別腹」とも言ってきたし。
さらに最近は、中国のNEV(ニュー・エネルギー・ヴィークル) で、中国政府がPHEV押し、という流れが加速している。
そんなことが、トヨタがPHEV (トヨタ的にはPHVと表示)で攻める理由です。
ZEV対応で、HVからPHVへの移行は必然。ユーザーにとってもエンジンと電気駆動を任意に選べる自由度の高さは、何よりの魅力でしょうね。充電時間も容量も、電池はまだまだ不便ですし、その状況は当面続くので。
HVからPHVへの移行は、技術的にも製品展開的にも極めて容易。以前からトヨタの担当者殿は、基本的にHVはプラグつければPHVと同じ、と口癖のように繰り返してらっしゃいましたしね。
充電は急速充電器も増えていますし、将来的には駐車場に非接触充電器などが普及するでしょうから水素社会が来るまではEVはどんどん便利になるでしょう。なんといってもガソリンエンジンを積んでいない、というグリーンなところを評価するユーザーは一定数いるはずです。又エタノール改質燃料電池搭載のモデルも開発されたとのニュースもありましたから走行距離の問題も解消されるでしょう。(もっとも何回も書きますが一日何百キロも走る一般ユーザーはいないと思いますが)
ルーフのソーラーパネルからの電力で5キロの走行は魅力的!毎日5000台の車を走らせているのですが、日差しで熱々のルーフが役立つとしたら嬉しい限りです!
まあどこまでいってもガソリン車やん
電動化と自動化が30年先の未来のクルマの中心だろうと言う議論に疑いを持つ人は少ないと思う。一方で将来、内燃機関が消滅すると考えるのも少々無理がある。
クルマはこれからも普及し続ける。いま、クルマに乗っていない人たちにもだ。コストメリットの大きい化石燃料のデメリットを小さくする工夫はまだまだ続く。
これからもっと売れると思いますよ
燃費トヨタ車超いいし
車というのは本来は自由な乗り物なのに電力グリッドに縛り付けるのは合わないと思いますねぇ。やはり燃料あってこそ。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
25.5 兆円

業績