新着Pick
461Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なかなか聞くことができない、事業を立ち上げ、それをクローズするにいたるまでの道。一読の価値はあった。日経ビジネスの敗軍の将、兵を語るのコーナーより、しっかりと客観視されていると思う。
就職して会社で働くということ。起業してビジネスをやること。その垣根が低くなってきたということを感じさせる記事。

記事に言うような起業のストレスは同じ自営業として共感できるところが多い。しかしおっちゃんが感心したのは就職と起業の垣根。「へー。そんな時代になってきたんや」みたいな。

年齢や経験という要素があるからこそおっちゃんのような年代が起業するとなると「不退転の決意」とか「一大決心」みたいな悲壮感すら漂う気分で起業に臨むんやけど若者は必ずしもそうではなくなってきたんかな。

おっちゃん世代にはこういう軽やかさは羨ましくもあるなあ。
文章内容ない割に長いな笑
このように、起業にまつわるストーリーが、成功だけではなく失敗も含めて語られるのはとても良いことだと思います。いや、この場合は失敗というよりも撤退というべきでしょうか?

目的が個人のファイナンシャルなものにあるのであれば、起業してM&AされるかIPOする以上にレバレッジが効くものはない気がしますが、目的が社会のイノベーションであれば、企業の中で新規事業に参画する方が有効なケースもあると感じます。
お疲れ様でした 経験を糧に新たな場所での活躍、応援しています 年齢的にもまだまだこれからですし

大成功した創業経営者が、成功のコツは、「飽きとどう向き合うか」とおしゃっていました 「どんなにほしかったモノでも手に入れた次の日から気持ちが劣化していく。ブランド品でも恋人でも。1年後になんであんなにほしかったんだろう?って思い出すことってあるでしょ?起業も一緒だから、初心を忘れないように。」というアドバイスを思い出しました

臥薪嘗胆でがんばってください
こうしたアウトプットはすごく良いですね。生々しく、ストレスなども伝わってきます。

成功物語ばかりが表に出てきますが、この世界は生きるか死ぬかの極めてドライで残酷な環境です。当人が起業しているかどうかはあまり関係がなく、社会に属するビジネスマンである以上は本来こうしたオーナーシップを必ず持つべきだと思います。

失敗した人は強い。
我が社の面接にもお越し頂きたかったが、残念。(´・ω・`)
優秀な人を採用できるかどうか、は投資判断の際に最も重視する能力の一つ。共同創業者すらなかなか見つけられない起業家が、社員が増え、ストックオプションもあまり渡せなくなった頃に優秀な人を雇えるとは思えない。
とはいえLINEに入れたのは運が良いかも。ぜひそこで良い共同創業者候補を見つけたり、本業の傍らにミニプロジェクトを色んな人と関わりながら進めたりすると良いんじゃないかな。
何かにチャレンジする方は結果がどう転んでも素晴らしいと思います。私も自分の事業にしっかりと向き合っていきたいとおもいます。

業績