新着Pick
115Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
M&A仲介会社のメディア記事なので積極的なM&Aで事業拡大、財務基盤強化が必要と結論付けていますが、今回の三菱重工さんについては、正直M&Aは関係ないですし、それによって三菱重工が復活するとは思えません。
同社の危機を招いたのは、まさに本業ともいうべきモノづくりの基礎的な部分です。
様々な報道がなされていますが、これが天下の三菱なのか、と思えるほど杜撰な製造工程管理、現場のオペレーションミスが目立ちます。
ある意味三菱重工の危機は、歪んだ営業主導と行きすぎたローコストオペレーションが招いた、現場力の低下に起因していると考えます。

もう一度真摯な目で現場を見直し、日本を代表するメーカーとしての矜持を取り戻して欲しいと切に思います。
この記事にもあるように、MRJは遅れに遅れているし、巨大客船を作らせれば火災が頻発して、さらには米国での原発訴訟とろくなイメージがない。ブランドを回復させるのは至難のこと。
三菱ブランドがどうこうとか、最近雑誌などによくでているが、そんな心配はないと思う。
これだけの歴史、事業基盤、そして何より極めて優秀な人材が集まる企業なので、良くならないのがおかしい。
株主も安定しているのですから、あまり数字を言わないで、虚心坦懐に中核事業に施策を打てばすぐ良くなるはずです。
三菱重工の説明資料を見る限り、2017年までの2015事業計画では、どちらかといえば、既にある合弁3社のPMIの推進が中心で、更なるM&Aを行うとすれば2018年からの2018事業計画においてになりそうだ。
三菱電機株式会社(みつびしでんき、Mitsubishi Electric Corporation)は、日本の大手総合電機メーカーであり、三菱電機グループの中核企業。 ウィキペディア
時価総額
3.17 兆円

業績

三菱重工業株式会社(みつびしじゅうこうぎょう、英語: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.)は、三菱グループの三菱金曜会及び三菱広報委員会に属する日本の企業。川崎重工業(KHI)とIHIと共に三大重工業の一角を成している。 ウィキペディア
時価総額
1.23 兆円

業績