新着Pick
191Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは面白そうな連載!民主主義の否定とか面白すぎる!
僕の母の弟、つまり僕の叔父は、エステー創業期からの番頭と言われてきた府馬茂男と言います。色々な話を聞いていますが、この特集で現会長のお話を伺って改めて検証してみたいと思います。
日経私の履歴書級の大物経営者が来ましたね。年齢的にも業績的にも。ただし、切り口として「独裁」を連発するので、日経的には厳しそう。
【第1話】エステー会長の鈴木喬さんは、昭和10年生まれ。原宿で雑貨商を営む両親の元で生まれました。子どもの目線からは、天皇や戦争よりも「『晩飯はライスカレーか』といったことの方がよほど重大な関心事でした」。
エステーの鈴木さんは創業一族ではあるけど、創業時にはおらず、しかも参画したのも39年後、これはかなり面白そうなストーリーが隠されていそうですね。
創業家でありながら、入社が39年後、社長になるのは52年後。次回以降のそれまでの紆余曲折が気になります。戦前生まれの方のお話は92歳の祖父、88歳の祖母と一緒に暮らしている私にとってはそれだけで親近感を覚えるもの。興味深い連載です。
近々、大物経営者はイノベーターライフと私の履歴書のどちらに書くか悩む時代が来るのかな。それくらい素晴らしいフォーマットだと思う。
3歳の頃と現在とで写真のお顔が同じなのがなんともいえず味わい深い。本文関係なくてすみません。
目次がやばい(笑)こんな無茶苦茶な人が率いているのか、エステーは。株価的には20年近くずっと横横で成長しないなーという印象しかなかったのだが。安定度がすごいとも言えるのだけど
私の履歴書で書いてないことが意外。

戦前戦後の話はぶっ飛んでると思える話が多い。本当に生命力を感じる。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
エステー株式会社(英語: S. T. Corporation)は、日本の日用雑貨メーカー。主に家庭向け消臭剤、防虫剤、除湿剤、冷蔵庫脱臭剤などを販売している。 ウィキペディア
時価総額
395 億円

業績