新着Pick
98Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
この人のあくなき探究心や好奇心はすごいですよね。ちゃんと子供に話を聞いてトレンドの変化を見ていたりと、参考になります。
人気 Picker
妖怪ウォッチはすでに十分に中長期でブランド確立していける土壌ができていると言える。必ずしも焦って毎年大ヒットを狙い消耗する必要もなく、それよりもじっくり海外市場を攻めることや、レベルファイブとしてのポートフォリオ構築の方が戦略課題としては重要なステージ。
「当初は『これはポケモンの再来だ』と思ったけど、すぐにブームが下火になってきてしまった。再燃は難しい印象」とは、ある雑誌編集者の話。

当然のことながら「放っておいても人気が出る」なんて甘い世界ではありませんが、『ブーム再燃の素地』があるのは間違いないので、今後の展開が見ものです。
【実録】小学生に今は何が流行ってるの?って聞いたら

「うーん、、、妖怪ウォッチ、、、かなあ?」

って言ってた。
アメリカの友人は妖怪の概念がそもそもないので、動物的な感覚で広がったポケモンと違い難しいかもしれないと言っていました。

大衆向けにアメリカで展開するには妖怪と言う名前を売るよりは、現地の人間が感覚的に分かるものと組み合わせて展開する方が良いと思います。
3DS向けで発売するゲームはスマートフォンに対応せざるを得ない。
スマートフォンを使う子供が増えれば、ゲーム専用機は買わないというケースも増えるでしょう。
スマートフォンのゲームに対する見方は様々ですが、レベルファイブの判断は正しいと思います。

ゲームを販売する側が時間やキャラクターアイテムを買わせる様な内容にせず、出来るだけ従来の買い切り型で提供すべきかもしれません。(子供向けならば特に)
スマートフォンを与える側も勝手に購入・ダウンロード出来ない様に、ペアレンタルコントロールの設定をした方が良いですね。
焦ると長寿にならないから
株式会社プロデュースは、新潟県長岡市に本社を置く塗布装置などの各種機械装置を開発、製造、販売する企業である。 ウィキペディア

業績