新着Pick

舛添都知事に新疑惑! 休日に公用車で「N響『第9』コンサート」へ

週刊文春WEB 「週刊文春」公式サイト (株式会社文藝春秋)
241Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
えーっと、これは許容範囲だと僕は思いますね。知事が電車に乗ってコンサートに行くのは安全上良くないと思いますし、かえって警備に金がかかります。首相が公用車で別荘やプライベートのゴルフに行くのと同じで、費用対効果の問題。政治資金の不適正な使用は問題ですが、これは仕方がない。
これは愚ネタ。もう叩くネタは出尽くした感。いずれ「都知事なんと公務中に私用のうんこか!?」とかいう記事が出てくるで。公務中のうんこは「私用のうんこ」でなくて「公務のうんこ」でないとあかんとかゆうて。

おっちゃんずっとゆうてるけど公用車の使用についてはオッケーとちゃいますのん?

もちろんもはや舛添さんという人物の都知事としての適格性はさておきの話やで。彼はまがりなりにも一国の首都のトップやねんからセキュリティの問題がありますやん。しかも特別公務員やから勤務時間は決まってへん。そやから私生活と公務とが常に連続してるとゆうかまだら模様。非常時に私生活から公務への迅速な切り替えに支障があっても困りますやん。それをいちいち分けてられへんし無理して分けるほうが危険やし非効率や。

しかもやで、いろんな事実からわかったことはこのひとはケチ。ごっつうケチ。絶対に都バスのタダ券の「シルバーパス」持ってるはずや。そやから交通費を惜しんでシルバーパス使うて都バスの乗り継ぎなんかでうろうろされて都知事が所在不明になったりトラブルにでも巻き込まれたら非常時の業務は止まるわ警備担当者は怒られるわで都庁の幹部やら警察やらはたまったもんやありまへんで。
これでまた政治資金規正法が厳しくなって検察は重箱の隅突きで恣意的に気に入らない奴を逮捕起訴出来て大喜び笑。そんなんでいいのかね?
まだまだ公私混同の疑惑は出てくるだろうが、むしろ問題は、先日の「調査報告」がいかに杜撰で、限定的で、いかにも小手先の問題隠蔽策だったかということだ。

都議会は、調査報告をした二人の「弁護士」を参考人として招致し、場合によってはその責任を問うべきだ。お二人の行為は中立性も専門性も疑われるもので、「弁護士」への信頼を毀損し、その品位をおとすものだ。
安東さんと同じ感想です。
舛添氏の資質とは別で、公人はトラブル・リスク回避の観点で、休日であろうが、多少の安全対策予算は付けるべき。
ホテルや飛行機のクラスと同様に論じるべきではない。
舛添氏の違法性に疑いがある件(三日月での会議の有無。もしなかったら虚偽記載になる)は、徹底して調査すべき。
ですが、舛添氏への個人攻撃はこの辺にして、政治資金規正法改正を実現するためにメディアが果たせる役割はあるはずです。
自動運転公用車を導入して、怪しいコースを指示すると搭乗中ずっとAIが小言を言う機能をつければ無くなるでしょう。未来は明るい。もう少しの辛抱です。
聞き慣れましたので、そんなにスクープではありませんね。
文化や芸術の理解のためでしょうか。
都議も都職員もボイコットくらいして早くまともな政治にシフトするべき。いつまでやってんだよ。