新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

164Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回はシンガポールの人口統計を手がかりに、外国人家事労働者、いわゆるお手伝いさんやメイドさんと呼ばれる人々のことについて考察しました。日本でも移民の議論で重要な論点になっています。シンガポールと日本を一概に比較することはできませんが、シンガポールの「ドライ」な政策から、考えるべき論点も浮かび上がってきます。

なお、シンガポールでも香港でもどこでもそうですが、家事労働者の人々は料理や洗濯掃除だけでなく、ベビーシッターや高齢者の介添えなどもしています。日本で家事労働者について議論する場合は、保育や介護との線引きなども論点になりそうです。

なお、記事に使用した写真は、ショッピングセンターに入っているメイド派遣エージェントの外観です。この周りにもずらっとエージェントが並んでおり、メイドさんが常時待機。エージェントと契約をすれば、その場で自宅に住み込みとして連れて帰るシーンもみます。

*「ざっくりASEAN」バックナンバー
https://newspicks.com/user/9202/
うちはシンガポール移住当初からミャンマー人のメイドさんに住み込みでサポートしてもらっている。税金含めて月額6万円ほどで食事や洗濯、掃除などの家事はもちろん、子供の送り迎えや経費精算など簡単な仕事の手伝いまでしてくれて、居なくては生活が成り立たない存在。うちの子供と一緒に日本語を覚えて、いずれミャンマーに戻ったら進出してきている日本企業で働けたらとキャリアについてもきちんと考えているとても真面目な女性。
シンガポールって、実は人種や学歴、職種で明確な区別(差別)をしている国です。
ちなみに白人は常に一級市民、その次が中国人、その次が高学歴のインド系、マレー系、日本人はその次でその他アジアカテゴリー。
シンガポールでビジネスしている日本人は多いですが、永住権はどんなに稼ぎが良くても、奥さんがシンガポール人でもなかなか出ないのが実情。
非常に参考になりました。

多文化・多他民族となることが難しい日本にとって、シンガポールの例は多いに参考になると思います。

個人的には、アメリカ合衆国のように多分化・他民族になった方が社会が強靭になるし生活にも刺激が生まれると考えています。
しかしながら、一気に多分化・他民族国家になるのは日本には無理があるでしょう。
過渡期的な措置としてシンガポール型は一考に値すると考えます。
今に始まったことではないのですが、何度聞いても、えぐいディスモデルですね。人権感覚の希薄さを感じます。
男やもめのバンコク一人暮らしですが、自費でミャンマー人のメイドさんに来ていただいてます。
週2回、1回4時間で約12,000円/月(375円/時間)。掃除洗濯アイロンをしてくれて、部屋はいつもピカピカで気持ちよく、空いた時間で読書やランニングをしています。

日本に住んだとしても、絶対お願いしたいと思っていますので、ぜひ経沢香保子さんにシッターのみならずメイド文化の普及も頑張って欲しいところです。

日本では反対論者が多いようですが、極論、メイドとして来てくれた方々自身は出稼ぎだと割り切っている部分も多いので、日本人の既得権益を渡さず、健康で(休日は)文化的な最低限度の生活を送ってもらえれば当人たちも別にイイと思うんですけどね。みんな高いレベルで同じにしなければいけないという同調圧力も、普及を妨げる要因のひとつな気がします。
二級市民を作らないと成り立たないシステムに見える。僕は最低賃金を守る前提での移民家事労働には賛成だが、そうでないものは、日本人主ふの労働市場への参入機会を減らすので反対。そもそも論として日本人の共働き家庭に住み込みできるスペースがあるのかは疑問だが。
住み込みできるスペースは給与以外に提供はされるのだろうが、シンガポールや香港の物価で、どうやって生活しているのかは気になるところ。インドに住んでいた時にお手伝いさんを雇っていたが、平均的サラリーマンな我が家はどうにも他人が家にいるのは落ち着かないね、と話した記憶がある。文化的にお手伝いさんに慣れているかというのは大きそう(国によっても、慣れている層と慣れていない層もいるだろうし)。
外国人の6割、全体の2割がメイド・単純労働で占めるシンガポール。この極端な経済をまわす極端な制度は日本では絶対真似できない。小さいことの優位性は、北欧もそうだけど、大きいものには享受できない。
徹底した施策。
抜け落ちた論点提示、と書かれているとおり考えたこともなかった。単なる労働力確保という視点でなく国のあり方、受容の仕方が問われる。
この連載について
高い経済成長を実現し、世界中から注目が集まるASEAN(東南アジア諸国連合)。インドネシア、タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、ベトナム、カンボジア、ブルネイ、ラオスの10カ国からなる成長マーケットは今、どのような状態にあるのか。シンガポールに駐在するASEANエキスパートが旬な話題を現場から解説する。