新着Pick
300Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
エアバスは先月、3Dプリンターで製作した電動バイクを発表してますね。3Dプリンター製品の開発・製造を請け負う子会社のAPワークスの存在が大きいようです。3Dプリンターは、これまでの製造技術では不可能だったフライス加工や溶接といったものを可能にさせ、それを今回の航空機でも適用したようです。

「エアバスが3Dプリンターで製作した航空機を披露」と聞いて、旅客機を想像してしまいましたが、3Dプリンター技術が向上すれば、小型のプライベートジェットなどは近い将来できそうです。

参考:エアバス、「3Dプリンターで製作した世界初のバイク」を披露
http://www.afpbb.com/articles/-/3087866?utm_source=yahoo&utm_medium=news

(追記)
一部、日本語の表現を修正しました。
宇宙関連の装置も3Dプリンターで作れるそうですね。

発展途上国や家屋や工場設備などが必要な地域に対する最大の援助は3Dプリンターだとも言われています。
材料、工具、機械などなどが作れるからです。

近未来には製造工場から機械がなくなって、3Dプリンターの設置場所になったりして。
いや、前も自動車でこういうニュースあったけど、
( https://newspicks.com/news/1241231 )

これ各パーツを3Dプリンタで作って組み立てたっていう話ですよね?

それに量産するなら3Dプリンタじゃない方が絶対に良いはず。
ドローン以上の製品ということになると、現状の技術では再現できるサイズにも課題がありそうです。自動車、航空機などの素材、技術面では、炭素繊維複合材料を3Dプリンタで作成する技術や脱オートクレーブの動きがみられ、量産体制構築がどれくらいの時間軸で進むか注目されます。
3Dが本格化すれば、製造業の立地が変わりますね。さらに、港や道路の物流も変わるのでしょう。人は暮らしやすいところで暮らせるようになるでしょう。
3Dプリンタは生産量が少なく単価が高い航空機部品には向いていると思います。ただ材料の耐久性を実証する試験がこれからまだ5-10年は必要でしょう。
このサイズになってくるとドローンというのがピンとこないが、この性能が上がってくれば航空機の生産性も上がってくるのかもしれない。
NPでもすでに何度かTLにあがった気がしますが、
部品レベルではすでに3Dプリンタ製のものはあります

ご参考まで

http://business.newsln.jp/news/201504210111370000.html
製造業にとっては、どんなモノづくりであれ、3Dプリンタ技術は無視できなくなるでしょう。「あんなのおもちゃ」とは言えない技術になってきた。
もうこれは可能だろう。4mで21キロという軽さが驚き。

業績