新着Pick
270Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
結局、機能的な話だけではなくて、体験を買っているのでしょう。たとえば、高いバーガーを食べてSNSで拡散して、良いねをもらうことまでを含めた価格だったりします。
人気 Picker
和牛バーガーの可能性を感じるなあ。 http://wagyumafia.com
ミレニアル世代といえば、一方で、かつての典型的な米国人型消費ではなく、より健康主義、環境主義的な消費性向があると言われている。つまり、大量消費ではなく、選別消費型。
そのミレニアル世代、いま米人口の約3割を占めると言われているので、アメリカの消費にも大きな影響を今後与えていきそう。
「高級バーガー」と言われると7000円はものすごく高いと感じますが、「最高級和牛のハンバーグステーキにトリュフ、フォアグラ、パンを添えて」と言われるとありえる価格設定かなと思います。
国内でも500円予算(400円〜799円)と1000円予算(800円〜1799円)が好調です。この業態はランチから単価が取れるだけでなく、高回転率かつテイクアウトで付加売上を付けれるのも大きいです。
リッツカールトン東京のワオバーガーは13000です。
マンダレイ・ベイの$65ドルのバーガーは10年以上前からあるよ。最近の事象ではありません。個人的にはファイブガイズが一番好き。次いでIn N Outですね。かつてマクドナルドの傘下にあったCMGがバーガーに参入するのはなんか面白いね。
確かに最近アメリカの都会で食べるハンバーガーは昔より美味しい感じがします。
もちろん赤肉は健康にはよくないですが、、、ハンバーガー自体の満足感が上がってその分フレンチフライや炭酸飲料の摂取を少なくできると、ハンバーガー好きにはbetter optionなのかもしれませんね。。
7000円。。。一度は食すかもしれないけど、バーガーである必要性は感じない。持ち帰りやすい、ってとこくらいかな。あえてバーガーの価値を感じるなら、冷めてもおいしい、夜中でも買える、など、忙しくてもご褒美が欲しいときにフィットするならありがたい。
バーガーは低所得者層のもの、という概念が崩れたという事か。しかしヘルシーでは無い牛肉には違い無い。アメリカ人の肥満は治りそうも無い。一方で椎茸挟んだUMAMIバーガーとかも人気と聞くが、決して主流にはならないだろう。
ハンバーガーが65ドルか。すごいな。シェイクシャックでも高級な感じが少しあるので、ここまでいくと手が出なさそう。値段的にはギリギリ人気になりそうなレベルかもしれない。