新着Pick
496Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
プログラマとして仕事している立場から見ると、優秀なプログラマにもソフトウェア開発するだけじゃなくて、教えるほうが好きな人も山ほどいるので人材の供給には不足することはないと思います。問題はそれを教育の現場にどう繋げるかですが、UdacityなどのMOOCは大いに参考になりますね。

ただ、一部の小学生にはUdacityのような完全オンラインもまだ早いでしょうから、プログラミング教育は、オンラインを主として、現場の補助員を従とする体制が向いていると思います。

僕らのころの小学生時代はゆとり教育が始まったころでしたが、毎日とても楽しかった思い出しかないです。でも、これからの世代はマインクラフトでプログラミングの授業をやったりボカロで音楽の授業をやったりペンタブで図工の授業をやったり、できるんでしょうね。もっと楽しそうだし、そうなるよう応援していきたいです。

望むべくは教育業界にはやりがい搾取のきらいがあるので優秀な教え手には正当な報酬が支払われてほしいですが、個の時代ですから自然とスポットがあたるはずでそんなに心配もしていません。
人気 Picker
基本線は、プログラミング教育を初等教育に入れていくのは大賛成。次世代の子供たちの全員がプログラマーになる必要はないが、簡単な方程式が解けるのと同じくらいのレベルで、ソフトウェアの基礎を学んでおくと、世の中のほぼすべてに埋め込まれたソフトウェアが何をしているのか感覚的にざくっと理解するのにとても良いと思う。いまはいろんな教材やプログラミング教育サービスが世の中に増えてきて、以前のようなプログラミング学習初期の壁はだいぶなくなってきたように思う。簡単なPythonコードでMinecraftのワールドのデザインがさくっとできると、大人でもびっくりするくらい面白い。

ただ、やはり最大の障壁は、コメント欄で指摘されているように、教員自身へのプログラミング教育だろう。この点には、僕自身は既存教員がプログラミングを覚えることにまったくもって期待していない。期待しないどころか、既存教員へのプログラミング教育のコストを考えると、そんな無駄なことはすべきではないと思う。ここは、世の中に数多ある民間の教育サービスを義務教育でもどんどん取り入れればいいと思う。大学レベルの話になってしまうが、積極的な大学改革で最近注目を集めている近畿大学が新設する国際学部では、英会話のベルリッツと提携を結んで実施している。とても正しい判断だと思う。いまいる教員に時間とお金を多大にかけてまでプログラミングを覚えてもらう必要はまったくない。ぜひ民間サービスの柔軟な活用を盛り込んでもらいたい。
バタバタと政策化するように見えたので大丈夫かと思っていたが、これも堀田龍也さんが主査を務めていることもあり、まっとうなよい方向に落ち着きそうです。
プログラミングを、IT人材を生むためではなく全ての人の素養としてとらえ、理科や音楽などの普通教科に取り入れる。プログラミング「を」教えるのではなくプログラミング「で」学ぶ。コーディングのスキルではなく、プログラミング「思考」を学ぶ。このあたりの軸がズレなければ、大丈夫だと思います。
こうしてまた1つの大きな利権が生まれました。

先生死なないで。
英語の授業になると先生がカセットテープを取り出して「イズ・ディス・ア・ペン?」などと流すだけだった退屈な授業を思い出します。

プログラミング教育を身のあるものにするためにも、まずは教員育成やカリキュラムについてしっかり検討して欲しいです。
デジタル教科書のタイミングと同じですね。
新たな教科については先生たちの力だけに頼らずコンテンツとツールの力で対応がしやすいのでは。

先日デジタル教科書の記事で化石のような議論と決定記事盛り上がってました(https://newspicks.com/news/1588647
プログラミング授業から導入促進につながると勝手に期待、です。
中村先生のコメントのとおり、「プログラミング思考」は読み書き算盤につぐベーシックスキルになると思う。
教える人と、機材が学校には備わっているのかしら?教育界はお金にお困りのようですので…心配ですわ!
プログラミングを学ぶという事は学校のICT化をもっと進めないといけないですね。wifiを整備したり、タブレットかノートを配布したり、授業コンテンツも動画でいつでもオンデマンドに見れるようにしたり。
中村伊知哉さんが指摘しているとおり、コーディングのスキルではなく、プログラミング「思考」を学ぶ。このあたりの軸がズレなければ、大丈夫。
プログラミング教育を普及させる試み自体は大賛成。でも、学校のカリキュラムって国全体で一律にきめるものなのかねえ。学校ごとに自由度をもっと高めてもいいように思う。
教員の質が、という問題提起多いですね。Web見られるようにすれば勝手に解決する気がしますね。