【尾原和啓】IoTとは「おもてなし」である

2016/6/4
京都大学院で人口知能論を研究。マッキンゼー、Google、iモード、楽天執行役員、2回のリクルートなど事業立上げ・投資を歴任。現在12職目 、バリ島をベースに人・事業を紡いでいる。ボランティアでTED日本オーディション、Burning Man Japanに従事するなど、西海岸文化事情にも詳しい。著書「ザ・プラットフォーム」(NHK出版新書)はKindle、有名書店一位。ベストセラー前著「ITビジネスの原理」(NHK出版)も Kindle 年間ランキングで2014年、2015年連続Top10のロングセラー(2014年7位、2015年8位)。韓国語、中国語版にも翻訳されている。
IoTと人工知能は裏表
筆者は現在、バリ島をベースにしながら、産総研人口知能センターのアドバイザーを務めています。いろんな企業さまのご相談を受ける中で思うことは、AIとIoTは裏表の関係だということです。
AIは入力と出力があって最適化するものです。IoTは、センサーやアクチュエーターによって、あらゆるものが情報とつながり「入力」となり、動作・示唆として「出力」されていきます。
つまり、IoTは入力、出力を担い、AIはその間の最適化を担う表裏の関係なのです。
で、AIは最適化を担うとさらりと書きましたが、何を最適化するのでしょうか?
IoTでは体重を最適化したり、ゴルフやスノーボードの上達を最適化したりする例が多いですね。
ただし、実は「何を最適化するか」をちゃんと考えて相談に来られる方は意外と少なく、「IoTやAIでうちの会社が変わるんでしょ?」というぼわっとした質問がほとんどです。
そんな質問をIoTのプロである小笠原治さんと話したときに出てきたのが、「IoTはおもてなしである」という説明です(本記事は小笠原さんの近著「メイカーズ進化論―本当の勝者はIoTで決まる」(NHK出版新書)に寄るところが大きいですので、原本を読まれることをオススメします)。
IoTでよく出る例は「朝起きると勝手にトーストが好みに焼かれて、冷蔵庫で卵がなくなると自動的にオーダーする」というものですね。
おもてなしの定義は、いろいろありますが、私は以下の定義が好きです。
「顧客の無意識に同調し、無意識的な行動に対して先回りした動きをする」