新着Pick
359Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
健康志向の流れに沿った動きなのでしょうか?

かつてアメリカの都市部では共働きが増えたため、一畳程度のキッチンには冷蔵庫と電子レンジだけ、デリバリーやテイクアウトで食事を賄うと言われていました。

最近の健康志向でそのよう食生活が見直され、安全性の高い素材で料理をするようになったのかもしれません。
レシピを付けたのがミソ。
男女ともに、料理ができない人が急増しているそうですから。
白上さんが書かれていますが、うちはオイシックスのキットを利用してます。毎朝、夕飯を二品作るのが僕の仕事ですが、レシピを考える必要なく、野菜もしっかり採れて、無駄になってしまう食材もなく、美味しい。重宝してます。
もしその手の競合サービスがアメリカであまり無いのなら、Amazonは窓口としての敷居が低いので、流行るかもしれないですね。
うちの地元にも食材宅配サービスの会社があります。本件と同じで、レシピと共に必要食材(調味料以外)が宅配されます。

その調理も色んな段階があり、お弁当になっているものから、下ごしらえのみのもの、食材のみのものから選べます。

減塩など健康状態に合わせたお弁当も人気です。

牧田プロの予想は流石ですね。なぜAmazonが食材宅配?と思いましたが、Amazon glassに繋がるのですね。なるほど(^o^)/✨
オイシックスを使用していますが、レシピ付きの食材配達サービスはありがたいサービスです。

今後、お坊さん配達サービスが出てきたように、シェフ配達サービスなんかも始めるのではないでしょうか。
これはとても楽しみ。自分で料理を作り出すと、外食で普段食べているものの味付けがいかに濃いかがよくわかります。WHO推奨基準の倍の塩分を摂取していて、今やアメリカ人よりも野菜を食べない日本人の健康度を上げる一つの鍵は自炊率アップだと思うので、こうしたサービスの浸透はとても楽しみです。
国内においては、これのBtoBの市場が大きいです。介護施設向け等への宅配ですが、LTVが高いのも特徴。アマゾンはBtoCだと思いますが、まだ伸びる市場ですね。
日本でいうヨシケイかな。
守備範囲が広いですね。個人レベルの健康・安全な食・新しいライフスタイルの提案から、グローバルレベルでは、食品ロスや飢餓、といったCSRまでカバーできます。このビジネスを通じても、物を見る目が養えますね。
アマゾンフレッシュ年間299ドル
イオンは月額500円
ちゃんとした料理と言うよりも仕事の合間の糧(かて)という方がNPには多そう。
私も仕事の合間の20分とかで料理して食べることが多いです。
畑から取ってきた適当な野菜を
塩と油さえあって加熱すればひとまず何でもソコソコ美味しく食べられます。あとは酸味、甘味、辛味とアミノ酸(出汁、醤油)の調整でアレンジ。

炭水化物(米、小麦粉)、タンパク質(肉、魚、大豆)、ビタミン(生鮮野菜)、油分、塩分をそれぞれ取ることを意識してパターン化すればレシピ読む時間もいらず、30分で充分に糧チャージが完了しますが、味気なくもあるかもですね。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またの一つである。 ウィキペディア
時価総額
92.6 兆円

業績

時価総額
3.30 兆円

業績