新着Pick
27Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
まあ、リコールはできるだけしたくないだろうからなぁ。
人気 Picker
非常に気になるニュースです。

米当局(NITSA)はタカタ問題について、乾燥剤の入っていない硝酸アンモニウムについてはすべて使用禁止にしたわけですが、ここで米GMが反発している通り、基本的に欧州当局も今のところNHTSAには追従していないように見えます。

一方、乾燥剤の入っている硝酸アンモニウムについても、専門家が1〜2年かけて調査を続けていても賞味期限(耐用年数)を何年にして交換すれば安全性が確保できるのか、結論が出ていません。

自動車メーカーからすると、実はエアバッグ問題は今、一番頭の痛い問題かもしれません。
恒久対策が固まらず、実効性や妥当性を度外視し、取り合えずの保守的な暫定対策を行っているのだから、GMが抗弁するのも理解できる。しかし、暫定対策が過剰で不必要であることの挙証責任はメーカー側にある。
時価総額
7.66 兆円

業績

タカタ株式会社(Takata Corporation)は、エアバッグ・シートベルト・チャイルドシートなど、自動車用安全部品を製造する企業。2017年6月経営破綻した。負債総額はおよそ1.7兆円。製造業としては戦後最悪となる。 ウィキペディア

業績