新着Pick
79Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
M&Aが盛んになることは結構なことですが、不動産と違い契約が複雑な「M&Aに仲介はない」ということがまだ認識されていないのは残念です。アドバイス内容は、売手と買手で全く異なります。
ヘェ〜結構伸びてるね。上場したら訪問してみよう。日本M&Aセンターはじっくり長期保有している。双方代理は確かに好ましくないと思うが、日本M&Aセンターが事業を始めた時はそもそも中小企業のM&Aを仲介する人が他にいなかったという事実は認識しておくべきだろう。
この業界の人たちは、いろんな人がいると思います。魅力的な人もいれば、正直付き合いたくない人もいます。案件内容はともかく、担当者が行儀が悪すぎて打ち切ったことも数知れずあります。
ディールサイズを自分の力だと思わずに、謙虚で真摯な方とお付き合いしたいものです。
双方代理による利益相反は十分理解しているが、ビジネスとして考えると両者対立しないで、とっとと案件成立したもらった方がすぐ報酬を払ってもらえるわけで、そこを狙うというのはありだと思う。
必ずしもトラブっている案件、複雑な案件が高い報酬がもらえるということはなく、報酬の多寡は案件規模と成就可能性によって決まる。
(*^^*)
随分疎遠になってますが、過去転職のお手伝いしたかたが就職。上場の1エンジンになってくれてるかも、と思うととてもうれしい。
双方代理はあり得ないが、「仲介」はやや状況が異なる。持ち込み案件で、当の会社からマンデートを得ていないことは決して少なくない。つまり、その時点で、売手側か買手側かが確定していない。
それを「仲介」と呼ぶかはともかく、守秘義務、善管注意義務、忠実義務が守られるかどうかが問題。報酬の両手取りは、この点でアウトだと思う。
日本M&Aセンター、キャピタルパートナーズに続く、M&A業界第三の企業の上場をどう読むか。3社のM&A仲介は中堅・中小企業を対象とし、主に事業承継に行き詰まった経営者と従業員たちの救済の手を差し伸べている点に注目すべきかと思います。M&Aは大企業だけの戦略ではないこと、企業売却は決してマイナスでも悪いことでもないこと等、この上場を機に世の中小企業経営者の皆さんに正しい認識を持って欲しいと思います。
佐山先生のおっしゃる通り。
ストライクさんがどうなのかはしらないけど、他の会社で、両方から委託される話を聞いて驚いた。今もやってるのかはわからないが。
株式会社ストライクは、M&A仲介会社。新日本監査法人出身の公認会計士であった荒井邦彦によって1997年に設立された日本のコンサルティング会社。 ウィキペディア
時価総額
871 億円

業績

SMBC日興証券株式会社(エスエムビーシーにっこうしょうけん、英称:SMBC Nikko Securities Inc.)は、日本3大証券会社の一つである総合証券会社。三井住友フィナンシャルグループの子会社である。 ウィキペディア